情報処理技術者試験センター

推薦の声

「情報セキュリティマネジメント試験」で
地元企業様の安心・安全を実現します。

株式会社高山
統括部長 高山 智壮たかやま ともたけ

高山智壮様プロフィール写真

中小企業経営者の大半はサイバー攻撃を「対岸の火事」と考えています。

弊社は、宮城県内を中心とした事務機器販売、オフィスソリューション企業です。その中で最も注力しているのが、サイバーセキュリティ事業です。地元中小企業様のランサムウェア被害、不正送金、情報漏えい、また、加害者になることを事前に防ぐことを目的に、弊社主催のサイバーセキュリティセミナーをこれまでに開催してきました。全ては地元企業様の安心・安全を実現する為に、活動をしております。

2017年10月から2018年3月まで、宮城県警察本部様の「サイバー犯罪被害防止活動業務委託事業」の受託企業として、宮城県内の学生、保護者様、先生、企業様向けに、サイバー犯罪による被害を防止するための講演活動を行ってまいります。宮城県のサイバー犯罪軽減に寄与していく所存です。

日に日に、サイバー攻撃の脅威は増していることを痛感します。特にランサムウェア被害は実際に現場で何件も遭遇しました。最大の課題は、サイバー空間での脅威とリスクは日々増加傾向にある中で、中小企業経営者の意識の大半は「対岸の火事」で、まさか自社が被害に遭うはずがないと考えていることです。「盗まれて困るデータはない」など、経営者の責任である情報管理体制に対する意識が非常に低いことが最大の課題だと考えています。

社内お写真

情報セキュリティのプロ集団を目指します。

弊社では、自社はもちろん、地元中小企業様の安心・安全を実現する、お客様の問題解決のパートナーであることをモットーに、地道にセキュリティに関する情報をお届けしてきました。「情報セキュリティマネジメント試験」を、専門性・正確性・信頼性ある情報提供や現状分析、課題解決能力を高めるために社員教育に導入しました。「情報セキュリティマネジメント試験」を通じ、一人ひとりのセキュリティに対する意識・知識が高まったことを実感しております。

弊社では現在3名の合格者がおりますが、情報セキュリティマネジメントに関する知見と専門性を養うことができました。それによって、自社のセキュリティ対策はより強化・堅牢化しました。また、お客様や他社様から「株式会社高山は情報セキュリティのプロ集団」というお声を少しずつ頂けるようになってきました。「情報セキュリティマネジメント試験」の合格者は自分に自信をもち、情報セキュリティ推進活動に目的意識をもって活動することができていると思います。IT・セキュリティに携わる営業職は全員「情報セキュリティマネジメント試験」の合格を目指します。

※ 掲載内容は2017年9月取材時のものです。