情報処理技術者試験センター

推薦の声

「情報セキュリティマネジメント試験」は
お客様からご相談頂く上でも注目する試験

株式会社三幸堂ビジネス
代表取締役 目時 孝彦めとき たかひこ

目時孝彦プロフィール写真

セキュリティ知識のレベルアップとお客様に対して的確なマネジメントが必要不可欠です。

弊社は、岩手県及び青森県南を中心に、オフィスのあらゆる環境に対応した商品の提案を行っています。特に近年は年々多様化、巧妙化を増すサイバー攻撃の対策に関するシステム提案が増えてきております。
脅威の現状と手口を知っていただくこと。自社のセキュリティの現状を把握していただくこと。また、経営者の方には経営リスクを認識していただくこと。その上で注意すべき点や必要なセキュリティ対策についてご提案をさせていただいております。
その中のひとつの取組みとして、2年ほど前から中小企業の経営者やセキュリティ担当者を対象にセキュリティセミナーを定期的に開催してきました。また、月1回セキュリティニュースを発行しております。
そういった取組みによりお客様のセキュリティに対する意識もレベルアップしてきており、私たち自身もお客様へ提案する立場として、セキュリティ知識のレベルアップとお客様に対して的確なマネジメントが必要不可欠であり、その手段として国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」は有効な試験であるといえます。
弊社では現在8名が合格しており、「情報セキュリティマネジメント試験」の対策のために学んだことはセキュリティ問題に取り組むうえで役に立っているといえるのではないでしょうか。高い意識を持ってセキュリティ問題に取り組み、勉強会などを行い、常に知識の習得に心がけ、問題解決のために尽力しております。

国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」はお客様からご相談いただく上でも注目する試験になっていると感じている営業職は多数います。営業上、弊社にとって価値ある試験ということに留まらず、今後社内のシステムを考える上でますます大事になると考えています。ITスキルの高くない社員には、情報の取り扱いについて理解を深めてもらう上で「ITパスポート試験」も合格を推奨し全社的にITスキルアップを図っていきたいと考えています。

※ 掲載内容は2017年11月取材時のものです。