情報処理技術者試験センター

推薦の声

情報セキュリティマネジメント試験の積極活用で
顧客の安全・安心に貢献

三和事務機販売株式会社
代表取締役 飯沼 良孝様

飯沼良孝様プロフィール写真

情報セキュリティに関する危機意識を高めていくことが重要。

弊社は福島県中通り(郡山・福島エリア)を中心に複合機・PCの設置、ネットワーク構築・運用支援、IT全般の情報セキュリティに関するサポート業務を行っています。

近年は特に、サイバー攻撃や情報セキュリティリスクに関する対策及び運用支援が多くなっています。 情報セキュリティについて「うちは小規模だから関係ない」、「インターネットはあまり使わないから大丈夫」等と軽視されている企業は多いです。 しかし情報セキュリティ上の脅威やリスクに、企業規模は関係ありません。

「ネットワークをつないでいる」=「世界とつながっている」ということを認識してもらい、情報セキュリティに関する危機意識を高めていくことが重要だと思います。

三和事務機販売株式会社

情報セキュリティの専門家としての評価につながっています。

企業で適切な情報セキュリティを確保するためには、まず、情報セキュリティの状況を「見える化」して現状を知るということが大切です。 その上で、情報セキュリティ対策の弱い部分をUTM、ウイルス対策ソフト、バックアップシステム等でカバーする必要があります。

このような情報セキュリティを確保するサポート業務を顧客に提供する上で、社員一人ひとりの情報セキュリティに関する教育も必要です。 「情報セキュリティマネジメント試験」は、活用することで情報セキュリティに関する知識が深まり、合格すれば、サポート業務を行う立場として、 顧客への知識の証明としても活用できます。

また、社員全体の情報セキュリティに関する理解が深まることで、保守でも、より安全なネットワークを提供できるようになり、その結果、 顧客と深い信頼を築くこともできています。

「情報セキュリティマネジメント試験」は国家試験なので、合格することで、情報セキュリティの専門家として、顧客からの評価につながっています。

「情報セキュリティマネジメント試験」に全社員が合格することで、社内のスキルアップ、顧客の情報セキュリティにおける安全・安心に貢献できると考え、弊社では第1回の試験から受験を推進しています。 今は約半数の社員が合格しています。これからも受験を推進し、社員全員の合格を目指していきます。

※ 掲載内容は2017年7月取材時のものです。