情報処理技術者試験センター

推薦の声

お客様の期待にお応えするには、
セキュリティに特化したスキル向上は必要不可欠。
そこで、「情報セキュリティマネジメント試験」を
社内教育に導入。

株式会社カントー
ソリューション&サポート営業部ソリューション推進グループ
主席課長 浅見 剛様(右)
エリア営業部ITソリューショングループ
     小林 遼太郎様(左)

浅見様・小林様トップ写真

「情報セキュリティマネジメント試験」でお客様の「情報環境最適化提供パートナー」を目指します。

浅見:

当社は、「ソリューション&サポート」を理念に、お客様の業務の中で発生するお困り事を解決するだけではなく、より効率的かつ快適なオフィス環境、さらに、個々のお客様に合わせた新たな価値を提供しています。また、近年の情報化社会に対応するために、当社が長年積み重ねた様々なセキュリティ技術を提供することによって、お客様の情報システムのライフサイクルに合わせたご提案も実施しています。その中でも私の所属しているソリューション&サポート営業部では、お客様の業務改善、システム環境改善をご提供すべく、各種のシステム系商材やサービスのご提案、環境構築、保守サービスを行っております。

昨今では「働き方改革」への対応の機運が高まっていることもあり、クラウド系サービスのご提案機会が増えているため、以前よりもセキュリティが話題になることが多いように感じます。当社としてはお客様の「情報環境最適化提供パートナー」として、お客様に認知していただくことを目指しておりますので、そのためには情報セキュリティに関する知識・スキルが必須であると考えており、「情報セキュリティマネジメント試験」を社員教育に導入しました。

社員個人のセキュリティ意識を高めていくことが今後一層求められると思います。

浅見様お写真

浅見:

企業として守るべき情報が増えており、今後もその傾向は強まると予想しています。そのため、情報漏えいの可能性が高まっており、それに対応するための対策・体制がどのような企業でも必要になっています。大半の業務はネットワークを利用して行いますので、ネットワークのセキュリティ対策は必須ですが、その他にも社員個人のセキュリティ意識を高めていくことが今後一層求められると思います。

また、昨今、ランサムウェアをはじめとする様々なセキュリティインシデントが注目される中で、お客様もその対策に強い興味・関心を示しています。そのため、当社ではお客様からの期待にお応えするために様々な社員教育を実施してきましたが、セキュリティ分野に特化したスキル向上は必要不可欠と判断して、「情報セキュリティマネジメント試験」の受験を推進しています。また、社内における情報セキュリティを推進する役割を担うべき人材の育成ツールとしても「情報セキュリティマネジメント試験」を位置付けています。

社員全員でセキュリティに対する共通認識をもつためには、
「情報セキュリティマネジメント試験」!

小林:

最近は、企業システムのクラウド化も進んでいます。たとえ、社員に悪意が無くても、情報漏えいリスクが非常に高い時代になっています。そのような中で情報セキュリティを確保するためには、あいまいにしがちな社内セキュリティルールを確立し、社員全員でセキュリティに対する共通認識をもつことが必要です。

その際に活用できるのが「情報セキュリティマネジメント試験」だと考えています。特に午後試験では、身近な事例をベースにした実践的で具体的な問題が出題されます。企業に必要な情報セキュリティの考え方が出題されており、一度過去問を解くだけでも、情報セキュリティに対する認識が変わる内容となっています。「情報セキュリティマネジメント試験」を受験し共通認識とすることで、適切な情報セキュリティの確保に活用できると考えています。

小林様お写真

※掲載内容は2017年10月取材時のものです。