情報処理技術者試験センター

推薦の声

時代に合わせた「安心・安全」を提供し続けるため
「情報セキュリティマネジメント試験」でスキルアップ

赤松事務機株式会社
代表取締役 片松 保佳かたまつ やすよし

片松保佳様プロフィール写真

情報セキュリティを確保するためには、「保持している情報の重要性を認識する」ことが肝要

弊社は、香川県・岡山県を営業エリアとしている、IT・OA機器の販売とサポート、金融機関向けセキュリティ設備の販売と運用サポート、中小企業向け情報セキュリティ対策の提案と導入などを行っている企業です。

今年は、ランサムウェアによる大規模サイバー攻撃があり、メディアでも大きく取り上げられ、サイバー攻撃に対する認知度は高まったと思いますが、依然として中小企業の皆様(特に小・零細企業の皆様)のサイバー攻撃を含む情報セキュリティに関する危機感はまだまだ他人事の域にあると感じます。インフラが整備され、インターネットが誰でも手軽に利用できるようになりましたが、普及があまりにも早く、情報リテラシー教育が現状に追いついていない感は否めません。私たちのような地域に密着した企業が地元の中小企業様に対して啓蒙活動や注意喚起を行う重要性を痛感しております。

時代の流れを正しく理解し、適切に事業を継続・発展していくためには「情報セキュリティの確保」は最も大切な課題だと考えております。企業に関わる一人ひとりがその重要性を認識しない限り、情報セキュリティの確保は困難であると思います。情報セキュリティを確保するためには、「保持している情報の重要性を認識する」ことに尽きると思います。

赤松事務機株式会社

「情報セキュリティマネジメント試験」に挑戦することで
組織の情報リテラシーは格段に向上

情報セキュリティの確保に関して、国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」は非常に有効であると思います。用語の意味だけでなく、実際にインシデントが発生した場合の対応など「組織の中でどのように情報は扱われるべきなのか」が自然に学習できる問題が多くそろっている印象があります。「情報セキュリティマネジメント試験」に挑戦することで組織の情報リテラシーは格段に向上すると思います。

弊社では、初回の試験に私を含めて3名合格しました。受験前は情報セキュリティに関する知識が断片的でしたが、受験時の学習を通して、体系的に学びなおせたように感じています。様々な職種の社員が挑戦しましたので、組織として情報リテラシーが向上し、お客様により良いサポートを提供できる環境が整ったと感じております。また、お客様とお話しする際に「情報セキュリティマネジメント試験」合格者であるとお伝えすると当社のことをより信頼していただき、信頼関係が深まるようになっていると感じております。

情報セキュリティ対策はシステムと人の両輪で

弊社の企業理念は「誠実一貫」「信用第一」です。情報セキュリティ対策は業種・業態・規模に関わらず必須であると考えております。企業理念と経営方針に則り、時代に合わせた「安心・安全」を提供し続ける会社であるために「情報セキュリティマネジメント試験」を活用したスキルアップを全社一丸となって図っていきたいと思っています。

情報セキュリティ対策はシステムと人の両輪で初めてなされるものだと思います。自動で防げるものは防ぎ、さらに人に対する教育を行い水際で防ぐ。それでもインシデントが発生した場合には専門家に相談して適切な対応を取る。残念ながらどんなに対策をしてもサイバー攻撃を100%防ぐものはありません。これを前提に一歩一歩対策を進めていただければと思います。

※ 掲載内容は2017年7月取材時のものです。