合格証書、合格証明書に関するご注意

合格証書の偽造行為判明について
先般、情報処理技術者試験の合格証書を偽造した行為が判明しました。偽造された合格証書は、平成元年1月に合格発表を行った「特種情報処理技術者試験」のもので、複写機により真正の合格証書を複写して、氏名等を偽造したものです。情報処理技術者試験センターとしては、このような合格証書の偽造行為は、大変遺憾なことと考えており、今後はその防止に万全を期すよう対策を講じます。
合格者であることを確認する場合のお願い
企業等におかれましては、情報処理技術者試験の合格者であることを確認する場合に、合格証書あるいは合格証明書の原本を本人より提示させ、確認するようお願いいたします。
偽造に対する防止策
情報処理技術者試験センターでは、合格証書並びに合格証明書の用紙に、今後隠し文字を使用します。原本を複写した場合は、その複写物の紙面上に「複製」という警告文字が現れるようにして、複写物を利用した偽造の防止を図ります。防止策は、合格証書については平成13年度秋期情報処理技術者試験の合格証書から、合格証明書については平成13年10月から実施しています。
TOPへ