試験のメリット

学校における優遇制度
合格者に対して、奨学金を給付したり、入学金免除や授業料減免などの優遇措置をする学校があります。
企業からの高い評価
合格者に対して、一時金・資格手当などといった報奨金制度を設ける企業や、就職の際に試験合格を考慮する企業があります。
教員採用選考試験における試験の一部免除
教員採用選考試験において、情報処理技術者試験合格者に対して、試験の一部免除を実施する県市があります。
国家試験の優遇制度
情報処理技術者試験合格者(指定試験区分)は、国家試験(中小企業診断士、弁理士)の一部免除制度が受けられます。
採用試験の応募資格
警視庁の募集するコンピュータ犯罪捜査官は、『情報処理技術者試験の合格』が応募資格の一つとなっています。
自己能力の確認
入門的な試験から専門的、総合的な技術までを問う試験をキャリアパスとして提示しており、自己のスキルアップに広く活用されています。また、すべての試験区分で個人成績の照会や解答例等の情報提供を行っておりますので、合否だけでなく自己の能力レベルを確認することができます。
企業の技術力をアピール
経済産業省の登録制度である『SI登録』、『SO認定』において、情報処理技術者試験の合格者数が企業の技術的能力の審査項目の一つとなっています。また、これら登録制度は、政府や地方自治体の事業における入札参加資格の参考となっています。
時代の変化に対応できる技術者育成
技術が急激に変化し多様化するなかで、幅広い観点から試験問題を出題しており、機種やOS(企業や製品)にしばられない幅広い知識を習得できます。このような人材を育成することは企業競争力の強化にもつながります。
質の高い試験
急速に進む情報技術に柔軟に対応し質の高い試験を維持するため、IT現場の第一線で活躍されている専門家や、大学・研究所など高等教育機関に所属されている専門家約400名からなる試験委員が問題を作成しています。
TOPへ