HOME試験試験の概要試験区分一覧SM

本文を印刷する

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験

ITサービスマネージャ試験(SM) ~ ITサービスの安定提供を約束する仕事人 ~
[ Information Technology Service Manager Examination ]

春期試験(4月)
 ※令和元年度まで秋期実施

顧客ニーズを踏まえ、日々の継続的改善を通じて安全性と信頼性の高いITサービスを提供し、IT投資効果を最大化できるITサービスマネージャを目指す方に最適です。

1.対象者像

高度IT人材として確立した専門分野をもち、サービスの要求事項を満たし、サービスの計画立案、設計、移行、提供及び改善のための組織の活動及び資源を、指揮し、管理する者

2.業務と役割

ITサービスマネジメントの業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導する。

 (1) サービスマネジメントシステムの計画、運用、評価及び改善を行う。
 (2) サービス運用チームのリーダとして、安全性と信頼性の高いサービスを顧客に提供する。
 (3) 新規サービス又はサービス変更について、変更を管理し、サービスの設計、構築及び移行を行う。
 (4) 顧客関係を管理し、顧客満足を維持する。提供するサービスについて顧客と合意する。サービスの改善を行う。
 (5) 顧客の設備要件に合致したハードウェアの導入、ソフトウェアの導入、カスタマイズ、保守及び修理を実施する。また、データセンタ施設のファシリティマネジメントを行う。

3.期待する技術水準

ITサービスマネージャの業務と役割を円滑に遂行するため、次の知識・実践能力が要求される。

 (1) サービスマネジメントシステムの要求事項及びフレームワークを理解し、サービスマネジメントシステムの計画、運用、評価及び改善を行うことができる。
 (2) 要員・供給者・資源・予算を管理し、サービスの運用を行うことができる。解決及び実現並びにサービス保証に関する管理技術をもち、サービスの運用を行うことができる。
 (3) サービスコンポーネント、構成品目などを管理し、変更管理方針を確立するとともに、新規サービス又はサービス変更の計画に基づいて、サービスの設計、構築及び移行を行うことができる。
 (4) 顧客との関係及び合意に関わる、事業関係管理、サービスレベル管理を行うことができる。
 (5) 導入済み又は導入予定のハードウェア、ソフトウェアについて、安定稼働を目的に、導入、セットアップ、機能の維持・拡張、障害修復ができる。また、データセンタ施設の安全管理関連知識をもち、ファシリティマネジメントを遂行できる。

4.試験時間・出題形式・出題数(解答数)

  午前Ⅰ 午前Ⅱ 午後Ⅰ 午後Ⅱ
試験時間 9:30~10:20
(50分)
10:50~11:30
(40分)
12:30~14:00
(90分)
14:30~16:30
(120分)
出題形式 多肢選択式
(四肢択一)
多肢選択式
(四肢択一)
記述式 論述式
出題数
解答数
出題数:30問
解答数:30問
出題数:25問
解答数:25問
出題数:3問
解答数:2問
出題数:2問
解答数:1問

参考リンク:出題等について