HOME試験情報処理技術者試験制度・情報処理技術者試験評議委員会

本文を印刷する

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験

情報処理技術者試験評議委員会

    第四回 議事概要第三回 議事概要

情報処理技術者試験は、昭和44年に開始されて以来、平成14年度春期までに延べ1,051万人が応募され、109万人の合格者を輩出し、我が国情報処理技術者のレベルの向上に貢献してきました。
しかしながら、情報処理技術者試験に対しては、以下のような意見が存在しています。

I. 17にも及ぶ試験区分は細分化しすぎたために、人材育成を行う企業にとっても、受験する個人にとっても、どのようなステップを踏みながら向上して行けば良いかが分かりにくい。

II. 試験としての中立性を厳密に目指したことが、結果として急速な技術変化や現実のビジネスとの乖離を生じさせている。

III. 一度合格するとその後の再認定制度が導入されていないことから、資格の価値が時間の経過とともに減少していくことに対応していない。

IV. 試験の実施会場、開催回数等受験者便益への対応が十分に行われていない。

このように指摘されている情報処理技術者試験に対して、産業構造審議会情報産業部会情報化人材対策小委員会は、平成11年6月の中間報告で「柔軟かつ安定性に富んだ試験の企画運営組織の創設」を求めました。

情報処理技術者試験センターはこの提言を受けて、情報処理技術者試験評議委員会を創設いたしました。

・ 情報処理技術者試験評議委員会
試験の実施方法に係る発議、立案を行うとともに、必要な調査を行う

・ 情報処理技術者試験評議委員
情報技術関連企業、情報技術利用企業、教育界及び教育機関等に所属する試験委員(委員名簿参照)

第四回情報処理技術者試験評議委員会議事概要

第三回情報処理技術者試験評議委員会議事概要