創造・安心・競争力
IPA
独立行政法人情報処理推進機構

サイトマップ|お問合せ|English




試験案内




試験の概要






試験要綱・シラバス・過去問題など






情報処理技術者試験制度






統計情報







受験案内




受験申込み






試験実施案内







合格発表




合格発表・成績照会







お問合せ




試験Q&A






お問合せ







組織紹介







調査・研究・海外







サイトマップ







ご利用条件











情報処理技術者試験センター




JITECトップ>情報処理技術者試験制度>制度の概要>参考資料(平成4年度試験科目)




参考資料(平成4年度試験科目)



はじめに | 試験科目、方法 | I情報処理システム監査技術者試験 | II特種情報処理技術者試験 | IIIオンライン情報処理技術者試験 | IV第1種情報処理技術者試験 | V第2種情報処理技術者試験




はじめに

 


情報処理技術者試験は、次の試験区分で行われます。

情報処理システム監査技術者試験
特種情報処理技術者試験
オンライン情報処理技術者試験
第1種情報処理技術者試験
第2種情報処理技術者試験

本資料は、これらの試験区分ごとの試験科目についてとりまとめたものです。



試験科目、方法

 



試験の区分


科目


時間


方法
(筆記試験)



情報処理システム
監査技術者試験



1.


情報処理システムの構成及び機能に関する知識


2.


情報処理システムの企画、開発及び運用に関する知識


3.


情報処理システムの監査に関する能力


4.


関連知識


午前
9:30〜12:00



多肢選択式


午後I
13:00〜14:30



記述式


午後II
14:50〜16:50



論述式


特種情報処理技術者試験


1.


ハードウェアの知識


2.


ソフトウェアの知識


3.


情報処理システムの設計能力


4.


関連知識


午前
9:30〜12:00



多肢選択式


午後I
13:00〜14:30



記述式


午後II
14:50〜16:50



論述式


オンライン情報処理技術者試験


1.


ハードウェアの知識


2.


ソフトウェアの知識


3.


オンラインシステムの設計能力


4.


関連知識


午前
9:30〜12:00



多肢選択式


午後I
13:00〜14:30



記述式


午後II
14:50〜16:50



論述式


第1種情報処理技術者試験


1.


ハードウェアの知識


2.


ソフトウェアの知識


3.


プログラムの設計能力


4.


プログラムの作成能力


5.


関連知識


午前
9:30〜12:00



多肢選択式


午後
13:00〜15:30



記述式


第2種情報処理技術者試験


1.


ハードウェアの基礎知識


2.


ソフトウェアの基礎知識


3.


プログラムの作成能力


4.


関連知識


午前
9:30〜12:00



多肢選択式


午後
13:00〜15:30



記述式


注1 情報処理技術者試験で使用する情報処理用語のうち、日本工業規格(JIS)に制定されているものについては、その規定に従うものとします。


注2 「プログラムの作成能力」の科目において出題するプログラム言語については、第1種ではアセンブラ言語は必修言語とし、FORTRAN、COBOL、PL/I及びCのうちから受験者が選択するものとします。第2種ではFORTRAN、COBOL、PL/I、アセンブラ言語及びCのうちから受験者が選択するものとします。



I情報処理システム監査技術者試験

 


1.

情報処理システムの構成及び機能に関する知識

(1)

ハードウェア
1)アーキテクチャに関すること
2)中央処理装置に関すること
3)外部記憶装置に関すること
4)入出力装置に関すること
5)通信制御装置に関すること

(2)

ソフトウェア
1)オペレーティングシステムに関すること
2)ファイル編成に関すること
3)ユーティリティに関すること
4)アプリケーションに関すること
5)プログラム言語の種類及び特徴に関すること
6)伝送制御手順に関すること

(3)

情報処理システム
1)システム処理形態に関すること
2)システム構成に関すること
3)システム評価に関すること


2.

情報処理システムの企画、開発及び運用に関する知識

(1)

情報処理システムの計画
1)長期、短期計画の策定に関すること
2)システム計画の内容に関すること

(2)

調査、分析
1)現状分析に関すること。
2)要求分析及び要求定義に関すること。
3)影響分析に関すること。

(3)

開発の可能性
1)開発資源の見積りに関すること。
2)開発体制に関すること。
3)効果の測定に関すること。

(4)

情報処理システムの設計
1)システム設計手順に関すること。
2)システム概要及び詳細設計に関すること。
3)機能評価に関すること。

(5)

プログラムの設計
1)プログラム仕様に関すること。
2)プログラム手順及び技法に関すること。
3)支援ツールに関すること。

(6)

テスト
1)テスト計画及びテストデータの作成に関すること。
2)テストの方法及び手順に関すること。
3)テスト結果の評価に関すること。

(7)

プロジェクトの管理
1)プロジェクトの運営管理に関すること。

(8)

システムのオペレーション
1)オペレーション手順及び体制に関すること。

(9)

入力データの作成
1)入力データの作成手順に関すること。
2)入力データのチェック及びエラー処理に関すること。

(10)

データ及びプログラムの管理
1)取扱い及び受渡し方法に関すること。
2)保管及び廃棄方法に関すること。
3)変更、追加、削除の手順に関すること。

(11)

ファシリティの管理
1)入退管理の方法に関すること。
2)ファシリティの保守及び監視に関すること。

(12)

出力情報の管理
1)取扱い及び引渡しに関すること。
2)出力情報の保管、廃棄及び活用に関すること。

(13)

外部委託
1)委託契約の内容に関すること。
2)進捗状況の管理に関すること。

(14)

要員管理
1)要員計画及び作業環境に関すること。
2)技術習得及び職業倫理に関すること。

(15)

標準化とドキュメンテーション
1)標準化の制度と運用体制に関すること。
2)ドキュメントの種類及び記述方法に関すること。


3.

情報処理システムの監査に関する能力

(1)

監査計画の立案
1)目標設定に関すること。
2)計画の妥当性に関すること。

(2)

監査の実施
1)監査対象の現状分析に関すること。
2)監査方法の知識及び適用に関すること。
3)監査内容及び内部統制の評価に関すること。

(3)

監査結果のとりまとめ
1)総合評価に関すること。
2)指摘事項の的確性に関すること。
3)改善勧告の妥当性に関すること。


4.

関連知識

(1)

システム監査基準
1)一般基準に関すること。
2)実施基準に関すること。
3)報告基準に関すること。

(2)

コンピュータセキュリテ
1)コンピュータセキュリテ対策の方法に関すること。
2)リスク分析の方法に関すること。
3)データ保護に関すること。

(3)

人事・組織管理
1)人事・組織管理の一般的知識に関すること。
2)職務分析に関すること。
3)人事考課に関すること。
4)教育・訓練に関すること。
5)人間関係に関すること。

(4)

経営管理、財務管理
1)経営管理及び財務管理の一般的知識に関すること。
2)財務分析に関すること。
3)原価計算に関すること。

(5)

関連法規
1)監査関連法規に関すること。
2)労働関連法規に関すること。
3)セキュリティ関連法規に関すること。

(6)

他監査との連携・調整
1)公認会計士監査に関すること。
2)監査役監査に関すること。



II特種情報処理技術者試験

 


1.

ハードウェアの知識

 

1)ア−キテクチャに関すること。
2)中央処理装置に関すること。
3)外部記憶装置に関すること。
4)入出力装置に関すること。
5)通信制御装置に関すること。
6)その他


2.

ソフトウェアの知識

(1)

ソフトウェア
1)オペレーティングシステム(制御プログラム)に関すること。
2)プログラム言語に関すること。
3)ファイル編成に関すること。
4)ユーティリティに関すること。
5)アプリケーショソに関すること。
6)システム設計に関すること。
7)データ構成、データ様式に関すること。
8)プログラムの構成に関すること。
9)プログラム技法に関すること。
10)プログラムテストに関すること。
11)伝送制御手順に関すること。
12)その他

(2)

情報処理システム
1)システム処理形態に関すること。
2)システム構成に関すること。
3)システムの評価に関すること。
4)その他


3.

情報処理システムの設計能力

(1)

情報処理システムの計画・統制
1)長期計画策定に関すること。
2)短期計画策定に関すること。

(2)

プロジェクトの管理
1)プロジェクトの計画に関すること。
2)プロジェクトの進捗の評価と管理に関すること。

(3)

個別システムの設計と開発
1)システムの分析に関すること。
2)システムの設計に関すること。
3)プログラムの設計と開発に関すること。
4)テストと移行に関すること。

(4)

共有資源の開発と管理
1)データベースの設計、開発及び管理に関すること。
2)基本ソフトウェアの導入と管理に関すること。
3)ハードウェアの導人と管理に関すること。
4)ネットワークの尊人と管理に関すること。

(5)

システムの運用
1)システムのオペレーションに関すること。
2)オベレーショソ管理に関すること。
3)システム保寸管理に関すること。
4)標準化に関すること。
5)要員管理に関すること。


4.

関連知識

(1)

情報処理一般
1)歴史に関すること。
2)標準化に関すること。
3)法制度に関すること。
4)安全対策に関すること。
5)用語に関すること。
6)その他

(2)

システムの運用管理
1)計算磯基の管理に関すること。
2)コンビュータセキュリティに関すること。
3)要員管理に関すること。
4)外注管理に関すること。
5)システム監査に関すること。

(3)

商業
1)商業・経済に関すること。
2)簿記会計に関すること。
3)計算事務に関すること。
4)マ−ケティングに関すること。
5)商品流通・物的流通に関すること。
6)事務管理に関すること。
7)税務会計に関すること。
8)経営数学に関すること。
9)経営情報システムに関すること。
10)管理会計、経営分析に関すること。

(4)

工業
1)設計・製図に関すること。
2)研究開発に関すること。
3)生産計画と管理に関すること。
4)生産技術に関すること。
5)製造に関すること。
6)資材計画と管理に関すること。
7)品質と検査に関すること。
8)原価計算と管理に関すること。
9)計測と制御に関すること。
10)自動化技術に関すること。
11)管理技術に関すること。
12)システムに関すること。
13)ORに関すること。

(5)

数学
1)数・式に関すること。
2)方程式・不等式に関すること。
3)数列・極限に関すること。
4)徽分・積分に関すること。
5)確率・統計に関すること。
6)ベクトル・行列に関すること。
7)図形に関すること。
8)集合・論理に関すること。
9)誤差に関すること。
10)数値計算に関すること。
11)その他

(6)

英語
大学卒業程度の語彙力、読解力を有し、情報処理に関する文献が理解できる程度の能力。



IIIオンライン情報処理技術者試験

 


1.

ハードウェアの知識

(1)

電子計算機の基本構成
1)ア−キテクチャに関すること。
2)中央処理装置に関すること。
3)外部記憶装置の特徴、物理的構成(シリンダ、トラック、セクタなど)、容量、性能などに関すること。
4)入出力装置に関すること。
5)その他

(2)

オンライン装置
1)通信装置に関すること。
2)端末装置に関すること。
3)その他

(3)

データ伝送
1)通信方式に関すること。
2)伝送方式に関すること。
3)交換方式に関すること。
4)その他

(4)

オンラインネットワーク
1)ネットワークの種類と特徴に関すること。
2)ローカルエリアネットワークの種煩と特徴に関すること。


2.

ソフトウェアの知識

(1)

ソフトウェア
1)オペレーティングシステムに関すること。
2)プログラム言語の特赦、歴史、用語に関すること。
3)ファイルに関すること。
4)ユーティリティに関すること。
5)データ構成、データ様式に関すること。
6)プログラムの構成に関すること。
7)プログラム技法に関すること。
8)プログラムテストに関すること。
9)ネットワークアーキテクチャに関すること。
10)伝送制御手順に関すること。
11)通信制御プログラムに関すること。
12)データベースの管理に関すること。
13)その他

(2)

情報処理システム
1)システム処理形態に関すること。
2)システム構成に関すること。
3)システムの性能評価に関すること。
4)その他


3.

オンラインシステムの設計能力

(1)

オンラインシステムのプロジェクト管理
1)プロジェクトの開発体制の決定、スケジューリング等に関すること。
2)プロジェクトの進捗評価と管理に関すること。

(2)

オンラインシステムの方式設計
1)システム全体の要求定義と仕様の作成に関すること。
2)処理方式設計に関すること。
3)処理能力と性能の設計に関すること。
4)安全対策とセキュリティに関すること。
5)信頼性と障害対策に関すること。
6)経済性と拡張性に関すること。
7)運用方式設計に関すること。
8)テストと移行に関すること。

(3)

オンラインシステムの設計・開発
1)ネットワーク系の分析、設計、開発
a.通信サービスの選定並びにネットワーク構成の選定、ネットワーク構成及びネットワーク機器の設定に関すること。
b.リソース間接続方式とプロトコルの設計に関すること。
c.ネットワーク・ソフトウェアの設計と開発に関すること。

2)処理系の分析、設計、開発
a.コンピュータ構成の決定に関すること。
b.オンライン制御プログラムの選定と利用に関すること。
c.データベース管理プログラムの選定と利用に関すること。
d.テストツール及び開発支援ツールに関すること。
e.オンライン対象業務の要求定義と仕様作成に関すること。
f.業務処理プログラムの入出力の設計に関すること。
g.業務処理プログラムの処理の設計に関すること。
h.データベースの設計に関すること。
i.業務処理のテストと移行に関すること。

3)端末系の設計と開発
a.マンマシンインタフェースの設計に関すること。
b.端末機器の選定、仕様の設定と製造に関すること。

(4)

オンラインシステムの運用と保守
1)システムの運用と管理に関すること。
2)システム保守に関すること。
3)システムの評価、改善に関すること。


4.

関連知識

(1)

情報処理一般
1)歴史に関すること。
2)標準化に関すること。
3)法制度に関すること。
4)安全対策に関すること。
5)用語に関すること。
6)その他

(2)

オンラインの知識
1)関連法規に関すること。
2)国内及び国際的な通信サービスに関すること。
3)ネットワークの応用形態に関すること。
4)国内及び国際的な標準化に関すること。
5)セキュリティの基準及び対策に関すること。
6)その他

(3)

商業
1)商業・経済に関すること。
2)簿記会計に関すること。
3)計算事務に関すること。
4)マ−ケティングに関すること。
5)商品流通・物的流通に関すること。
6)事務管理に関すること。
7)税務会計に関すること。
8)経営数学に関すること。
9)経営情報システムに関すること。
10)管理会計、経営分析に関すること。

(4)

工業
1)設計・製図に関すること。
2)研究開発に関すること。
3)生産計画と管理に関すること。
4)生産技術に関すること。
5)製造に関すること。
6)資材計画と管理に関すること。
7)品質と検査に関すること。
8)原価計算と管理に関すること。
9)計測と制御に関すること。
10)自動化技術に関すること。
11)管理技術に関すること。
12)システムに関すること。
13)ORに関すること。

(5)

数学
1)数・式に関すること。
2)方程式・不等式に関すること。
3)数列・極限に関すること。
4)徽分・積分に関すること。
5)確率・統計に関すること。
6)ベクトル・行列に関すること。
7)図形に関すること。
8)集合・論理に関すること。
9)誤差に関すること。
10)数値計算に関すること。
11)その他

(6)

英語
大学卒業程度の語彙力、読解力を有し、情報処理に関する文献が理解できる程度の能力。



IV第1種情報処理技術者試験

 


1.

ハードウェアの知識

 

1)ア−キテクチャに関すること。
2)中央処理装置に関すること。
3)外部記憶装置に関すること。
4)入出力装置に関すること。
5)通信制御装置に関すること。
6)その他


2.

ソフトウェアの知識

(1)

ソフトウェア
1)オペレーティングシステム(制御プログラム)に関すること。
2)プログラム言語に関すること。
3)ファイル編成に関すること。
4)ユーティリティに関すること。
5)アプリケーショソに関すること。
6)アルゴリズム(算法)に関すること。
7)データ構成、データ様式に関すること。
8)プログラムの構成に関すること。
9)プログラム技法に閑すること。
10)プログラムテストに関すること。
11)伝送制御手順に関すること。
12)その他

(2)

情報処理システム
1)システム処理形態に関すること。
2)システム構成に関すること。
3)システムの性能評価に関すること。
4)その他


3.

プログラムの設計能力

(1)

入出力の設計
1)入出力データの様式の設計に関すること。
2)ファイルの設計に関すること。
3)コード設計に関すること。

(2)

処理(プロセス)の設計
1)プログラム技法に関すること。
2)業務処理の設計に関すること。
3)アルゴリズム(算法)設計に関すること。
4)プログラム構造の設計に関すること。
5)データ構造の設計に関すること。

(3)

プログラムのテスト・検査の設計
1)テストデータの作り方
2)テストの方法


4.

プログラムの作成能力

(1)

プログラム言語
1)JIS FORTRAN(上位水準)に関すること。
2)JIS COBOL(最高水準)に関すること。
3)PL/Iに関すること。
4)アセンブラに関すること。
5)Cに関すること。

(2)

プログラム技法
1)プログラム一般に関すること。
2)事務計算に関すること。
3)技術計算に関すること。


5.

関連知識

(1)

情報処理一般
1)歴史に関すること。
2)標準化に関すること。
3)法制度に関すること。
4)安全対策に関すること。
5)用語に関すること。
6)その他

(2)

商業
1)商業・経済に関すること。
2)簿記会計に関すること。
3)計算事務に関すること。
4)マ−ケティングに関すること。
5)商品流通・物的流通に関すること。
6)事務管理に関すること。
7)税務会計に関すること。
8)経営数学に関すること。
9)経営情報システムに関すること。
10)管理会計、経営分析に関すること。

(3)

工業
1)設計・製図に関すること。
2)研究開発に関すること。
3)生産計画と管理に関すること。
4)生産技術に関すること。
5)製造に関すること。
6)資材計画と管理に関すること。
7)品質と検査に関すること。
8)原価計算と管理に関すること。
9)計測と制御に関すること。
10)自動化技術に関すること。
11)管理技術に関すること。
12)システムに関すること。
13)ORに関すること。

(4)

数学
1)数・式に関すること。
2)方程式・不等式に関すること。
3)数列・極限に関すること。
4)徽分・積分に関すること。
5)確率・統計に関すること。
6)ベクトル・行列に関すること。
7)図形に関すること。
8)集合・論理に関すること。
9)誤差に関すること。
10)数値計算に関すること。
11)その他

(5)

英語
大学卒業程度の語彙力、読解力を有し、情報処理に関する文献が理解できる程度の能力。



V第2種情報処理技術者試験

 


1.

ハードウェアの知識

 

1)ア−キテクチャに関すること。
2)中央処理装置に関すること。
3)外部記憶装置に関すること。
4)入出力装置に関すること。
5)通信制御装置に関すること。
6)その他


2.

ソフトウェアの知識

(1)

ソフトウェア
1)オペレーティングシステム(制御プログラム)に関すること。
2)プログラム言語に関すること。
3)ファイル編成に関すること。
4)ユーティリティに関すること。
5)アプリケーショソに関すること。
6)アルゴリズム(算法)に関すること。
7)データ構成、データ様式に関すること。
8)プログラムの構成に関すること。
9)プログラム技法に閑すること。
10)プログラムテストに関すること。
11)伝送制御手順に関すること。
12)その他

(2)

情報処理システム
1)システム処理形態に関すること。
2)システム構成に関すること。
3)システムの性能評価に関すること。
4)その他


3.

プログラムの作成能力

(1)

プログラム言語
1)JIS FORTRAN(上位水準)に関すること。ただし、次の仕様を除く。
倍精度実数型、複素数型、内部ファイル、問合せ(INQUIRE分)
2)JIS COBOL(最高水準)に関すること。ただし、次の仕様を除く。
相対ファイルの水準2、索引ファイルの水準2、プログラム間連絡の水準2、報告書作成の全部、区分化の全部、原始文操作の全部、デバッグの全部、通信の全部
3)PL/Iに関すること。ただし、次の仕様を除く。
記憶域の動的配置、配列の断面、リスト処理、コンパイル時機能
4)アセンブラに関すること。
5)Cに関すること。

(2)

プログラム技法
1)プログラム一般に関すること。
2)事務計算に関すること。
3)技術計算に関すること。


4.

関連知識

(1)

情報処理一般
1)歴史に関すること。
2)標準化に関すること。
3)法制度に関すること。
4)安全対策に関すること。
5)用語に関すること。
6)その他

(2)

商業
1)商業・経済に関すること。
2)簿記会計に関すること。
3)計算事務に関すること。
4)マ−ケティングに関すること。
5)商品流通・物的流通に関すること。
6)事務管理に関すること。
7)税務会計に関すること。
8)経営数学に関すること。
9)経営情報システムに関すること。
10)その他 高等学校商業科卒業程度の知識

(3)

工業
1)設計・製図に関すること。
2)生産計画と管理に関すること。
3)生産技術に関すること。
4)資材計画と管理に関すること。
5)品質と検査に関すること。
6)原価計算と管理に関すること。
7)計測と制御に関すること。
8)自動化技術に関すること。
9)管理技術に関すること。
10)システムに関すること。
11)ORに関すること。
12)その他 高等学校工業科卒業程度の知識

(4)

数学
1)数・式に関すること。
2)方程式・不等式に関すること。
3)数列・極限に関すること。
4)徽分・積分に関すること。
5)確率・統計に関すること。
6)ベクトル・行列に関すること。
7)図形に関すること。
8)集合・論理に関すること。
9)誤差に関すること。
10)その他 高等学校卒業程度の知識

(5)

英語
高等学校卒業程度の語彙力、読解力を有し、情報処理に関する文献が理解できる程度の能力。



ページトップへ





プライバシーポリシー


Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004