創造・安心・競争力
IPA
独立行政法人情報処理推進機構

サイトマップ|お問合せ|English




試験案内




試験の概要






受験体験記






出題範囲・スキル標準・パンフレット・過去問題






情報処理技術者試験制度






統計情報







受験案内




受験申込み






試験実施案内







合格発表




合格発表・成績照会







お問合せ




試験Q&A






お問合せ







組織紹介







調査・研究・海外







サイトマップ







ご利用条件











情報処理技術者試験センター




JITECトップ>情報処理技術者試験制度>制度の概要>第一種情報処理技術者試験




第一種情報処理技術者試験
(Senior Programmer Examination)
(昭和45年〜平成6年春期)



1.

趣旨

昭和44年度に発足した情報処理技術者認定試験は、昭和45年度から「情報処理振興事業協会等に関する法律」(昭和61年から「情報処理の促進に関する法律」に名称変更)に基づく情報処理技術者試験として行われることとなった。

2.

対象及び水準

プログラムの設計、高度のプログラムの作成及び第2種情報処理技術者の指導に主として従事する者を対象とし、大学卒業程度の一般常識を有し、3年程度以上のプログラミング経験を有するシニアプログラマーを想定して試験を行う。(シニアプログラマー対象)

3.

試験科目

(1)

ソフトウェアの知識

(2)

プログラムの作成能力

(3)

プログラムの設計能力

(4)

ハードウェアの知識

(5)

関連知識

4.

試験時間、試験方法

(1)

午前 150分(9:30〜12:00):多肢選択式

(2)

午後 150分(13:00〜15:30):記述式

5.

プログラム言語

昭和45年から昭和51年までは、FORTRAN、ALGOL、COBOL、PL/I、アセンブラ言語のうちから一言語を選択
昭和52年からは、アセンブラ言語は必須とし、FORTRAN、COBOL、PL/Iのうちから一言語を選択
平成5年度春期からC言語を選択に追加

6.

受験資格

特に制限はなし

7.

応募者、受験者、合格者

(1)

応募者数累計:1,096,483名

(2)

受験者数累計:669,911名

(3)

合格者数累計:91,372名(合格率:13.6%)



ページトップへ





プライバシーポリシー


Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004