創造・安心・競争力
IPA
独立行政法人情報処理推進機構

サイトマップ|お問合せ|English




試験案内




試験の概要






受験体験記






出題範囲・スキル標準・パンフレット・過去問題






情報処理技術者試験制度






統計情報







受験案内




受験申込み






試験実施案内







合格発表




合格発表・成績照会







お問合せ




試験Q&A






お問合せ







組織紹介







調査・研究・海外







サイトマップ







ご利用条件











情報処理技術者試験センター




JITECトップ>情報処理技術者試験制度>制度の概要>一部免除制度




平成6年度秋期から平成12年度秋期までの一部免除制度



この免除制度の適用期間は情報処理技術者試験規則の一部を改正する省令(平成12年通商産業省令第329号)附則第2条第1項、第3項によって、平成15年度春期試験までとなります。
平成14年3月31日をもちまして中央情報教育研究所は廃止になりました。



第一種情報処理技術者試験の一部免除制度

 


1.

一部免除の対象者
通商産業大臣が認定した地域ソフトウェアセンター及び財団法人日本情報処理開発協会中央情報教育研究所(CAIT)において実施する標準研修を適正に修了した者。

第一種情報処理技術者試験 一部免除認定研修機関一覧


2.

免除される試験
午前の部の試験


3.

免除の対象となる試験
標準研修を適正に修了した後、受験可能な最初の試験及びその次に行われる試験



第二種情報処理技術者試験の一部免除制度

 


1.

一部免除の対象者
通商産業大臣の第二種情報処理技術者試験一部免除認定を受けている専修学校において、情報化人材育成学科(T類)の3年に在籍し、かつ第二種共通カリキュラムの授業を適正に修了した者。


2.

免除される試験
午前の部の試験


3.

免除の対象となる試験
情報化人材育成学科(T類)の3年に在学する者はその秋期の試験、卒業者については卒業時の年の春期の試験


ページトップへ





プライバシーポリシー


Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2004