創造・安心・競争力
IPA
独立行政法人情報処理推進機構

サイトマップ|お問合せ|English




試験案内




試験の概要






受験体験記






出題範囲・スキル標準・パンフレット・過去問題






情報処理技術者試験制度






統計情報







受験案内




受験申込み






試験実施案内







合格発表




合格発表・成績照会







お問合せ




試験Q&A






お問合せ







組織紹介







調査・研究・海外







サイトマップ







ご利用条件











情報処理技術者試験センター




JITECトップ>受験体験記>合格体験記




受験体験記



情報セキュリティアドミニストレータ試験合格者 

 



2006年4月17日掲載


石渡博一様

○日本アイビーエム・システムズエンジニアリング株式会社

日本システムアナリスト協会(JSAG) 
 
○特定非営利活動法人 日本システム監査人協会(SAAJ) 

○合格履歴
 平成15年(2003)秋 システムアナリスト試験
 平成17年(2005)春 システム監査技術者試験
 平成17年(2005)秋 情報セキュリティアドミニストレータ試験



情報セキュリティアドミニストレータ試験受験の動機は?


 約3年前、ネットワークとセキュリティの技術支援サービスを1年半ほど担当しました。弊社は、愚直なまでの真面目さ、頑固な程の技術志向 等が特色(独断です)ですが、責任者として若手には負けられないという技術向学心が燃えて、セキュリティの勉強を始めました。更に2004年、個人情報保護責任者(CPO)として、情報セキュリティ・マネジメントの知識を加えてゆきました。
 「自分なりに勉強してきた知識が、どこまで一般に通用するかを確認したい」と思い挑戦してみました。



受験回数は?


お蔭様で1回で合格することができました。


学習方法は?


 受験対策としては、問題集を1冊購入し、片道2時間弱の通勤電車の中で少しずつ学習しました。受験対策問題集は出題の形式に慣れ、本番時に面食らわないという意義はありますが、それだけでは合格することは困難だったと私は思います。業務に密着した学習はもちろんですが、多くのセキュリテイ関連本を図書館で借りて読みました。また、情報セキュリティ監査などのセミナーや講演会も効果があったのではないかと思います。


合格して良かったことは?


 合格して直接的に何か良かったことは、今のところありませんが、個人情報保護のための施策や考え方に対して、ある程度の自信をもって提案できるようになったことは挙げられます。


合格後の周囲の反応は?


 自分からは特に発表はしていませんので、会社等での周囲の反応は当然ありませんが、家族、特に子供には、「何歳になっても勉強するんだぞ」という、静かな説得になったかもしれません。


次のステップアップ目標は?


 次のステップは、更に実践に活かしてスキルを磨くということです。会社の業務はもとより、情報セキュリティ監査の分野などで、ボランティア的な社外活動の機会があれば貢献したいとも思います。
 他の試験という観点では、この3年計画していた3つの試験は、一応終了しましたので、次の受験目標は現在は特にありません。



これから受験される方々へのメッセージ


 情報セキュリティとそのマネジメントは、その重要性が各企業・組織で一層認識されつつあり、技術力を発揮する機会は今後はいくらでもあります。受験と合格を一つの里程標(マイルストーン)として是非挑戦してください。
 学習の方法としては、業務や書籍を通じて学習したことを、自分が説明するつもりで説明資料を作ってみることをお勧めします。説明する機会はなくとも、知識は定着しやすいです。また、自分なりの用語集を作ることも同様にお勧めです。




ページトップへ





プライバシーポリシー


Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006