創造・安心・競争力
IPA
独立行政法人情報処理推進機構

サイトマップ|お問合せ|English




試験案内




試験の概要






受験体験記






出題範囲・スキル標準・パンフレット・過去問題






情報処理技術者試験制度






統計情報







受験案内




受験申込み






試験実施案内







合格発表




合格発表・成績照会







お問合せ




試験Q&A






お問合せ







組織紹介







調査・研究・海外







サイトマップ







ご利用条件











情報処理技術者試験センター




JITECトップ>受験体験記>合格体験記




受験体験記



情報セキュリティアドミニストレータ試験合格者 

 



2006年4月17日掲載


山本秀希様

東京電力株式会社 

上級システムアドミニストレータ連絡会(JSDG) 

日本システムアナリスト協会(JSAG) 
 
○合格履歴
 平成14年(2002)秋 上級システムアドミニストレータ試験
 平成15年(2003)秋 システムアナリスト試験
 平成16年(2004)秋 プロジェクトマネージャ試験
 平成17年(2005)秋 情報セキュリティアドミニストレータ試験



情報セキュリティアドミニストレータ試験受験の動機は?


 情報セキュリティに関する体系的な知識を身に付けようと思ったのが動機の源泉です。ただ単に関連書を読んだり、情報を収集するだけではヤル気が維持できそうにありませんでしたので、情報セキュリティアドミニストレータ試験合格を目標に据えることにしたのです。情報セキュリティアドミニストレータ試験は、歴史は浅いですが社内外での評価も極めて高く、合格することで自らの情報セキュリティに関するスキルを明示できるというのも魅力でしたね。


受験回数は?


1回です。


学習方法は?


 主に、書店で販売されている参考書と問題集を使用して学習しました。これまでに他のいくつかの試験区分に合格していましたので、午前の対策にはあまり時間をかけずに午後試験に注力しました。
 自らの体験だけでは偏りが出ますので、日経情報ストラテジーや日経ビジネスといった専門雑誌でセキュリティに関する課題のケースについて補強したことも、間接的な学習として効果が高かったと思います。



合格して良かったことは?


 情報セキュリティに関する私の知識やスキルを、業務経歴を示さずとも分かって頂けるようになったことです。これは冒頭に申し上げたように、社会の評価が大変高い資格であることが大きく影響しているのだと思います。また、学習を通じて情報セキュリティに関する体系的な知識を身につけることができたのも自信につながりました。


合格後の周囲の反応は?


 部門のセキュリティ確保をはじめ、セキュリティに関する業務全般を任されることが多くなり、仕事が増えました。企業における、個人情報や機密情報の流出・紛失が頻繁に報道される昨今では、セキュリティ確保は極めて重要であるからこそプレッシャーもあります。しかし、スキルに期待されてセキュリティに関する業務を担当させてもらえるのだと前向きに捉えることにしています。


次のステップアップ目標は?


 テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験です。私は現在、情報システム利用側にいますが、開発・運用側の知識を身に付けることで知識の幅を広げ、情報セキュリティに関してはあらゆる業務に対応できるようになりたいと考えています。利用側であっても、開発者・技術者としての知識を有する方が幅広い思考が可能となるため、体系的な知識としてはより強固なものになると思います。これは、上級システムアドミニストレータとシステムアナリスト、プロジェクトマネージャに合格したときも同様に感じました。


これから受験される方々へのメッセージ


 恐らくこれを読んでいらっしゃる方の殆どが、日常的に情報技術に関わっておいでになるのだと思います。しかし、業務を通じて特定の技術分野の知識を網羅的に身に付けるのは困難な方が多いのではないでしょうか。どうしても特定の知識に偏りがでることを、避けられないのではないかと思います。情報技術の分野に関して偏りなく知識を得るための機会として、情報処理技術者試験は大変有効なものだと考えます。たとえ試験の結果が出なかったとしても、試験のための学習を通じて得られた知識は必ず業務上のスキルアップにつながるものだと確信します。多くの方がこの試験にチャレンジし、望む分野の試験区分に合格されることを願っています。



ページトップへ





プライバシーポリシー


Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006