創造・安心・競争力
IPA
独立行政法人情報処理推進機構

サイトマップ|お問合せ|English




試験案内




試験の概要






受験体験記






出題範囲・スキル標準・パンフレット・過去問題






情報処理技術者試験制度






統計情報







受験案内




受験申込み






試験実施案内







合格発表




合格発表・成績照会







お問合せ




試験Q&A






お問合せ







組織紹介







調査・研究・海外







サイトマップ







ご利用条件











情報処理技術者試験センター




JITECトップ>受験体験記>合格体験記




受験体験記



エンベデッド試験合格者 

 



2006年4月17日掲載


佐野浩様

日本ユニシス・ソリューション株式会社 

上級システムアドミニストレータ連絡会(JSDG) 

日本システムアナリスト協会(JSAG) 
 
○合格履歴
 平成13年(2001)秋 上級システムアドミニストレータ試験
 平成14年(2002)秋 情報セキュリティアドミニストレータ試験
 平成15年(2003)春 テクニカルエンジニア(システム管理)試験
 平成15年(2003)秋 プロジェクトマネージャ試験
 平成16年(2004)春 システム監査技術者試験
 平成17年(2005)春 テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験
 平成17年(2005)秋 システムアナリスト試験



テクニカルエンジニア(エンベデッド)試験受験の動機は?


 前年にシステムアナリスト試験に不合格になり、次年度の再受験を目指していました。勉強(午前問題)を継続するなら、せっかくなので、何か受けようと思い受験しました。


受験回数は?


1回目で合格しました。


学習方法は?


 これまで受けた試験では、過去問題を解く以外の学習をしたことがないのですが、全く未経験の分野であり、知らない事が多いため、基礎的な参考書を購入して一から学習しました。他の試験の倍の時間、勉強したと思います。最低限の基礎は分かったと判断したところで、過去3年間の問題に取り組みました。最初は午前問題にもかなりてこずる状態でしたが、コンピュータの基礎を徐々に思い出し、最終的には、大体分かるようになりました。午後I、午後IIの問題では特にハードウェア分野が苦手で、解説を読んでも意味が分からない問題が多く、かなり苦労しました。実際に図を書いたり、計算問題は手計算で手抜きなくやりました。午後IIは結局、全体を通して確実に解けるという確信は得られませんでしたが、午後Iの過去問題は何とか解答の方向性が出せるようになりました。実際の試験の時は、中学・高校時代の数学や物理の記憶で解答の方向が見えたものもあり、助かりました。


合格して良かったことは?


 現実で話題になっているような事例(例:RF-ID)が出る試験のため、これをきっかけに様々な技術情報に目が向くようになりました。
 合格すると会社で奨励金が出るので、それも励みの一つです。



合格後の周囲の反応は?


 私の周りではこの分野の業務を行っていないため、残念ながら試験内容にぴんと来ていないようです。「こういう分野もあるんですよ」と、意味合いを説明していかないといけないと思っています。


次のステップアップ目標は?


 コンサルティング分野とIT技術分野の知識バランスが重要だと思っていますので、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)を受験しようと思っています。また、知人が中小企業診断士を受験したので、その辺にも触発されるところがあります。


これから受験される方々へのメッセージ


 私が受けた時には、問題中に「地上波デジタル放送」、「RF-ID」、「無人カーナビ」、「電子ブック」、「ロボット制御」等のテーマが含まれており、非常に興味深い内容でした。「組込みスキル標準」(ETSS)も発表され、受験者数も増加しているこの試験ですが、複雑化する要求の中で、これから一層注目されていく分野だと思いますので、積極的な挑戦をお勧めします。



ページトップへ





プライバシーポリシー


Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006