創造・安心・競争力
IPA
独立行政法人情報処理推進機構

サイトマップ|お問合せ|English




試験案内




試験の概要






受験体験記






出題範囲・スキル標準・パンフレット・過去問題






情報処理技術者試験制度






統計情報







受験案内




受験申込み






試験実施案内







合格発表




合格発表・成績照会







お問合せ




試験Q&A






お問合せ







組織紹介







調査・研究・海外







サイトマップ







ご利用条件











情報処理技術者試験センター




JITECトップ>受験体験記>合格体験記




受験体験記



システムアナリスト試験合格者 

 



2005年3月23日掲載
2006年4月7日更新



山口透様

シャープシステムプロダクト株式会社 ソリューション営業部
 
日本システムアナリスト協会(JSAG) 
 
○合格履歴
 昭和60年(1985)秋 第二種情報処理技術者試験
 昭和61年(1986)秋 第一種情報処理技術者試験
 平成7年(1995)秋 アプリケーションエンジニア試験
 平成16年(2004)秋 システムアナリスト試験



システムアナリスト試験受験の動機は?


 仕事でデータウェアハウスやビジネスインテリジェンスなどの情報系のシステム導入をしており、2000年からはバランススコアカードのITシステムを導入しています。仕事をする上で経営と情報の両面から見ることを心がけているので、システムアナリストを選びました。
 また、入社後アプリケーションエンジニアに合格したときから、合格した試験区分を名刺に刷っています。能力の証ですから顧客からの信頼が得られます。また、会話のきっかけにもなるので口下手なSEとしては大変助かります。



受験回数は?


3回です。
1回目:冷やかし受験
2回目:まじめに勉強して不合格、論文対策が重要と気付く
3回目:自分なりに論文の書き方をまとめ、無事合格



学習方法は?


 午前、午後I はあまり勉強していません。普段から情報系の雑誌や本を読んでいることが多いため、知識はインプットされていると思うからです。ただ、全体的にみて、もともと弱いセキュリティなどはいつもより注意して雑誌などを読んで理解しました。


合格して良かったことは?


 アナリスト合格後、「日本システムアナリスト協会(JSAG)」に入りました。同じ意識をもち、常に前向きに仕事に取り組む新しい仲間に会えたことが良かったです。


合格後の周囲の反応は?


 合格証書が自宅に届いたので、子供達が一番喜んでくれました。


次のステップアップ目標は?


 「プロジェクトマネージャ試験」、「中小企業診断士」の受験を考えています。また、試験合格を目指す方のお手伝いもしたいと思っています。


これから受験される方々へのメッセージ


 論文対策を十分にやることです。一度は論文を書いた方がいいです。特に、400字以上の文章を普段書くことがない人はやってみましょう。試験対策になるだけでなく、今までの知識を整理・有形化できます。

★今回の合格のポイント
 私は、出題されそうな題材を予想して自分なりの論文を事前に書いておき、試験本番ではそれを問題に合わせて再構築するということをやりました。 具体的には、「業務系のシステム構築」についてという題材を想定して論文を予め準備しておき試験に臨みました。
 試験当日、午後II(論文) の予想外な出題に驚きました。というのも、「業績評価システムを総合的に取り扱うシステムの立案について」という、「今、仕事でやっていること」が出題されたのです。「まさか、こんな題材は出題されないだろう」と思っていたので本当に驚きました。試験時間前半で論文の内容を再構築し、後半で書き上げました。推敲する時間はありませんでしたが、試験対策で論文を書いて練習していたので、苦労せずにまとめることができました。
 というわけで、「合格のポイントは、論文がキモ」ということです。



New! システムアナリスト合格で得た知識・技能を実際に役立てた活用例


■仕事面
 「どうやったらお客様のお客さまが喜ぶか」、「そのためにシステムアナリストである私は何ができるか」ということを真剣に考えて、提案するようになりました。このため、経営とITを絡めた仕事がより多くなりました。具体的には、この1年間に経営支援ポータル構築や、IT戦略企画立案を行い、より上流工程の仕事に関ったと思います。

■自分の考え方
 世の中の出来事に対して、経営者ならどう考えるかということを意識するようになりました。 例えば、ライブドアショックのような株価暴落のときは、「自社の株価や購入している株価、取引先の株価などが下って、経営リスクが発生していないか」など、思い巡らすようになりました。

■人材交流面
 システムアナリスト協会に入会して人脈が増えました。協会には、全国に会員がいます。出張の機会に会えることを楽しみにしています。
 また、井海さんの体験記にも書かれていますが、執筆の機会がありました。数頁のコラムですが、自分にとっては楽しい体験でした。

■最後に
 システムアナリストに合格して、より強く意識することは、「ITは、経営のための道具である」ということです。この道具を上手く使ってお客様に喜んでいただきたいと思います。




ページトップへ





プライバシーポリシー


Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006