創造・安心・競争力
IPA
独立行政法人情報処理推進機構

サイトマップ|お問合せ|English




試験案内




試験の概要






受験体験記






出題範囲・スキル標準・パンフレット・過去問題






情報処理技術者試験制度






統計情報







受験案内




受験申込み






試験実施案内







合格発表




合格発表・成績照会







お問合せ




試験Q&A






お問合せ







組織紹介







調査・研究・海外







サイトマップ







ご利用条件











情報処理技術者試験センター




JITECトップ>受験体験記>合格体験記




受験体験記



システムアナリスト試験合格者 

 



2005年3月23日掲載
2011年4月7日更新



飯浜達也様

NKSJシステムズ株式会社 

日本システムアナリスト協会(JSAG) 
 
○合格履歴
 平成8年(1996)春 第二種情報処理技術者試験
 平成12年(2000)秋 アプリケーションエンジニア試験
 平成16年(2004)春 システム監査技術者試験
 平成16年(2004)秋 システムアナリスト試験
 平成17年(2005)秋 プロジェクトマネージャ試験



システムアナリスト試験受験の動機は?


 私が担当している業務は、保険会社の資産運用システムの構築や保守で、主に情報系システムに軸足を置いています。資産運用の情報系システムには、その役割として経営支援的要素も強く求められます。したがって、業務上接するユーザは、常に経営への貢献や影響を強く意識されています。そういったユーザとのシステム要件のインタビューなどを重ねる都度、自分自身に足りないスキルとして強く感じていたものがあります。それは、企業の抱える経営課題の解決や将来を見通して中長期的な視点をもつということでした。システムアナリスト試験は、経営の視点に立った業務改善の提案を行う能力も問われることから、自分に足りないスキルとマッチしていると感じ、より経営に貢献するための方法や考え方を体系的に習得することを目標にチャレンジしました。


受験回数は?


4回です。


学習方法は?


 受験対策としては、参考書と問題集を使用して、通勤電車の中や休日を利用して少しずつ学習しました。また、日経ストラテジーなどの関連雑誌の内容もチェックするようにして、企業の直面する課題やその解決方法についての記事は精読する ようにしました。4年越しの合格でしたので、学習時間はかなり費やしました。


合格して良かったことは?


 学習を通して得られたことは、目の前の特定のシステムだけではなく、多少なりとも業務全体を見渡せるようにすることを意識できるようになったことです。また、ユーザ業務の事務処理自体の抜本的な改革も視野に入れるなど、ユーザにご提案する選択肢の幅が広がったことも良い点だったと思います。
 さらに合格をきっかけに「日本システムアナリスト協会(JSAG)」に加入させていただきましたが、そこでさまざまな方と交流がもてるようになったことも大きな収穫です。



合格後の周囲の反応は?


 上司や同僚が手放しで喜んでくれたことは言うまでもありませんが、一緒に仕事をしている協力会社の方やユーザの方からも、一目置いてもらえるようになったと思います。
 これから、この試験で認められた能力をどのように活かしていくのかを注目されていると同時に、期待されていることを肌で感じています。



次のステップアップ目標は?


 システムの構築は、チームのメンバーやユーザなどたくさんの方と協力してはじめて達成出来ることです。ですから、プロジェクトを成功させるための知識を体系的に習得し、それを活かすことにより効率的かつ効果的なプロジェクトを実現させることを目標に、「プロジェクトマネージャ試験」に挑戦していきたいと考えています。
 また、経営的視点をさらに強化するために「中小企業診断士」にもチャレンジするつもりです。



これから受験される方々へのメッセージ


 システムアナリスト試験に限らず、情報処理技術者試験は、それぞれの役割に応じたスキルを問われる試験です。その内容の中には、単に与えられた業務をこなすだけの目的のためには、すぐに役に立たない知識もあるかも知れません。しかし、さまざまな分析手法などを知識としてもつことは、必ず業務上の課題解決の選択肢の幅を広げます。また、論述試験などは、客観的に自分自身の文章力や表現力のレベルを再確認でき、分かりやすい表現や文章を書く練習にもなります。さらには、コミュニティに参加して人脈を広げたりと、メリットを上げればきりがないほどです。ぜひ、チャレンジすることをお勧めいたします。


New! システムアナリスト合格で得た知識・技能を実際に役立てた活用例


 システムアナリストの知識を活用しミッションに臨んだ事例をご紹介します。

 あるシステム構築のミッションを任されました。新たなユーザ要件を取り込みながらシステム化計画策定を実施し、リソース計画、システム構築を経て、無事新システムを稼動させることができました。
 ミッションを遂行する上で、特にシステムアナリストの知識が活かせたと感じている部分は「システム化計画の策定」および「ユーザ業務フローの策定」です。
 「システム化計画の策定」フェーズでは、「これから構築するシステム」と「ユーザ企業の経営戦略」との関連性をより強く意識することができました。これまでは漠然と理解していたつもりでしたが、直接システムを利用するユーザの先には必ず、実現すべき経営課題があることをまず認識し、達成すべき目標を整理した上でユーザと共有しました。それにより、プロジェクト遂行中の追加要件や要件変更にも迅速な判断と対応をとることが可能となりました。
 また「ユーザ業務フローの策定」局面では、まずはじめに、業務革新はシステムを変えるだけでも、ユーザ業務を変えるだけでも達成できないこと。すなわち、双方が一体となってシステム構築を進めることが重要であることを関連者全員に理解してもらいました。その結果、ユーザの献身的な協力を得ることもでき、何度も関連者(ユーザ、開発者、他ステークホルダー等)と膝を突き合わせて議論を重ねた末に、満足度の高い答えを得ることに成功したと思っております。
 以上、活用事例の一部に過ぎませんが、これから受験される皆様の参考にして頂ければ幸いです。




ページトップへ





プライバシーポリシー


Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006