HOME試験新着記事

本文を印刷する

情報処理技術者試験

ITパスポート試験の愛称「iパス」とロゴマーク制定のご案内

2013年3月1日掲載
2013年6月18日更新

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、IT化された社会で働くすべての社会人の皆様に「ITパスポート試験」を活用していただきたいとの思いから、ITパスポート試験の愛称「iパス」(アイパス)とロゴマークを制定しました。2013年3月1日から、愛称「iパス」とロゴマークを当機構のホームページ、刊行物などの広報物等に使用します。
これを機会に、これまで以上にiパスを身近に感じていただき、皆様方にさらに一層ご活用いただけることを期待しています。

(※) iパスは、IT化された社会で働くすべての社会人が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。


iパス 新ロゴマーク

  縦表示   横表示
  iパスロゴ(縦)   iパスロゴ(横)



新ロゴマークのコンセプト

ダイナミックな円の中心のiの点(オレンジ)は“IT(情報技術)”を表し、そこから広がる2本のブルーのラインはITが持つ可能性と広がりを表しており、“IT”が持つ力によって、私たちの生活やビジネスにおいて様々な可能性が無限に拡がっていく様子を、躍動感と力強さを持って表現しています。


ロゴマークの利用について

当ロゴマークは、著作物として著作権法により保護されており、情報処理推進機構に帰属します。転載等の利用にあたっては、情報処理推進機構の承認が必要です。
当ロゴマークのご利用を希望される方(例:iパス合格者の方、教育・出版・学校関係者様など)におかれましては、ロゴ担当者()まで、「ロゴ利用希望」である旨、お問い合わせください。


ロゴマークの利用に係る注意点について

  • IPAは、当ロゴマークを利用する者(以下「利用者」という。)が、iパスに合格していることを、一切の保証をしません。
  • IPAは、利用者が行う事業・業務等について一切無関係であり、IPAは、いかなる責任も負わないものとし、一切の保証をしません。
  • 当ロゴマークの利用に起因して、利用者に直接または間接的被害が生じても、IPAは、いかなる責任も負わないものとし、利用者は、一切の賠償等の請求を行わないものとします。
  • 当ロゴマークは、利用者への事前の同意及び連絡なし変更することがあります。これにより、利用者に直接または間接的被害が生じても、IPAは、いかなる責任も負わないものとし、一切の賠償等は行わないものとします。
  • IPAが運営するWebサイト以外に、本Webサイトへリンクを張っているWebサイトは、IPAの管理下にあるものではありません。その内容について、またそれらを利用したことによって利用者に直接または間接的被害が生じても、IPAは、いかなる責任も負わないものとし、利用者は、一切の賠償等の請求を行わないものとします。

お問い合わせ先

独立行政法人情報処理推進機構
IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター 企画グループ
MAIL:
TEL:03-5978-7600
(問合せ時間:9:30~18:15 土・日・祝日・年末年始は休業)