HOME >> 情報処理技術者試験 >> 新着 >> 平成23年度特別情報処理技術者試験の手続について >> 変更申請手続

平成23年度特別情報処理技術者試験の手続について

2011年4月6日更新

1.変更申請手続

A次回試験への振替え

 
希望する内容
手続方法
 

 特別試験ではなく、次回試験の受験を希望される方は、所定の手続により、試験区分ごとに次回試験に受験を振り替えることができます。試験区分については、現在応募されている試験区分のまま振り替えます。

【次回試験の実施時期】
 ・IP・FE・AP・SC
  →平成23年度秋期試験
    (平成23年10月16日予定)
 ・PM・DB・ES・AU
  →平成24年度春期試験
    (平成24年4月15日予定)


免除申請に関する注意事項
次回試験に振り替えた場合、次のとおり一部免除が適用されない場合があります。

@高度試験の一部(午前T試験)免除

・平成21年度春期試験のAP、高度試験の合格者、高度試験の午前T通過者は、法令の規定により振替後の試験では、一部免除が適用されません。

・平成21年度秋期試験のAP、高度試験の合格者、高度試験の午前T通過者は、法令の規定により振替後の平成24年度春期試験では、一部免除が適用されません。

A基本情報技術者試験の一部(午前試験)免除

・平成22年9月以前の修了認定者は、法令の規定により振替後の試験では、一部免除が適用されません。

  • 郵送されてきた「変更申請書」の選択欄に「2」と記入してください。


  • 「変更申請書」は郵送されてきた返送用封筒(郵送料は当方負担)で返送してください。


  • 団体経由申込みの場合は団体担当者に提出してください。


  • 郵送以外の手続方法はこちらをご覧ください。