HOME試験情報処理技術者試験及び情報処理安全確保支援士試験における出題範囲・シラバスの一部改訂について

本文を印刷する

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験における出題範囲・シラバスの一部改訂について(システム開発技術分野のJIS改正への対応)

2021年10月26日掲載

情報処理に関する主要なJISの改正に伴い、情報処理技術者試験及び情報処理安全確保支援士試験の出題範囲・シラバスにおける一部分野の構成・表記の変更を行いました。
変更内容は次のとおりです。
(1)システム開発技術分野における、JISの改正(JIS X 0160:2021 ソフトウェアライフサイクルプロセス)を踏まえた構成・表記の変更
(2)その他、シラバス用語例などの整理

今回の改訂は、主要なJISの改正内容を踏まえて構成・表記を変更するもので、試験で問う知識・技能の範囲そのものに変更はありません。

なお、出題範囲・シラバスについては今後も技術動向や環境変化等を踏まえ、内容の追加・変更・削除等、適宜改訂を行ってまいります。

変更対象の項目及び試験区分

変更対象の項目変更対象の試験区分
午前の出題範囲ITパスポート試験(iパス)、情報セキュリティマネジメント試験(SG)を除く全試験区分
シラバス情報処理安全確保支援士試験(SC)の午前Ⅱ、応用情報技術者試験(AP)1)、基本情報技術者試験(FE)
1)高度試験の午前ⅠについてはAPシラバスを参照。

適用時期

 2022年4月の試験から

公開資料(試験要綱・シラバスなど)

「試験要綱」Ver. 4.8 PDF形式
「試験要綱」Ver. 4.8(変更箇所表示版)PDF形式
「基本情報技術者試験 シラバス」Ver. 7.2 PDF形式
「応用情報技術者試験 シラバス」Ver. 6.2 PDF形式
「情報処理安全確保支援士試験 シラバス 追補版(午前Ⅱ)」Ver. 3.2 PDF形式

【掲載ページへのリンク】
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/_index_hanni_skill.html

【参考】
シラバス(試験における知識・技能の細目)
 それぞれの試験区分の人材像に照らし、必要となる知識・技能の幅と深さを体系的に整理、明確化した資料です。学習の目標とその具体的な内容を記載していますので、試験の合格を目指す際の学習指針として、また、企業、学校の教育プロセスにおける指導指針として、有効にご活用ください。