HOME試験受験手数料の改定について

本文を印刷する

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験

受験手数料の改定について

2021年7月16日掲載
2021年9月17日更新

 「情報処理の促進に関する法律施行令の一部を改正する政令(令和3年7月16日閣議決定)」に基づき、情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験の受験手数料が改定されました。
 改定後の受験手数料額、改定の適用時期は次のとおりです。

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験の受験手数料の改定

【現行】5,700 円  → 【改定後】7,500 円
※情報処理技術者試験は消費税込み。情報処理安全確保支援士試験は非課税。

受験手数料改定の適用時期

筆記により実施する試験区分 令和3年度秋期試験から適用
CBT方式で実施する試験区分 令和4年(2022年)4月から実施する試験に適用

iパス(ITパスポート試験)の受験申込み、バウチャーチケットについての注意事項

iパス(ITパスポート試験)において現行の受験手数料(5,700円)を納付した方は、令和4年(2022年)3月31日までに受験してください

令和4年(2022年)3月31日までに実施する試験では、現行の受験手数料(5,700円)での受験が可能です。令和4年(2022年)3月31日までに受験されますようお願いいたします。
令和3年(2021年)7月27日から令和4年(2022年)3月31日までに受験申込みをする方の試験日の変更期限は、一律、令和4年(2022年)3月31日の試験日までとなります。空席がない場合も含め、令和4年(2022年)3月31日までに受験できなくても、受験手数料は返還いたしませんので、ご了承ください。

iパス(ITパスポート試験)のバウチャーチケットの取扱いについて

【令和3年(2021年)7月26日までに購入申込みした場合】
有効期限が令和4年(2022年)4月1日以降である購入済みのバウチャーチケットについては、令和4年(2022年)4月1日以降で実施する試験では使用できません。令和4年(2022年)3月31日までに使用されますようお願いいたします。
なお、令和4年(2022年)3月31日までに使用できなかったバウチャーチケットについては、その購入代金を返還します。ただし、バウチャーチケットを購入するために要した振込手数料については、購入者負担となり、返還の対象とはなりませんので、ご了承ください。 【令和3年(2021年)7月27日~令和4年(2022年)2月28日の期間に購入申込みした場合】
令和3年(2021年)7月27日から令和4年(2022年)2月28日までに購入申込するバウチャーチケットの有効期限は、一律、令和4年(2022年)3月31日までとなります。空席がない場合も含め、令和4年(2022年)3月31日までに使用できなくても購入代金は返還いたしませんので、ご了承ください。 バウチャー購入申込みの停止について
令和4年(2022年)3月1日から令和4年(2022年)3月31日の間、バウチャーチケット購入ができませんので、あらかじめご了承ください。(バウチャー決済による受験申込は可能です。)

参考:プレス発表

更新履歴

2021年9月17日 バウチャー購入申込みの停止期間を追加しました。