HOME試験令和2年度における情報処理技術者試験、情報処理安全確保支援士試験の実施について

本文を印刷する

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験

【重要なお知らせ】令和2年度における情報処理技術者試験、情報処理安全確保支援士試験の実施について

2020年9月18日掲載

1. 令和2年度10月試験におけるSG、FEの延期について

 本年10月18日(日)に実施を予定している、令和2年度10月情報処理技術者試験及び情報処理安全確保支援士試験につきましては、実施に向けて試験会場手配等の準備を進めてまいりましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により試験会場を十分に確保できないことから、このうちの情報セキュリティマネジメント試験(SG)、基本情報技術者試験(FE)については、試験実施を延期することになりました。
 実施を延期する試験区分(SG、FE)に受験申込みをされた方につきましては、受験手数料の返還の措置を行います。受験手数料の返還の詳細につきましては、決まり次第、ホームページでご案内いたします。延期となる試験区分(SG、FE)については、令和2年度10月試験の受験票は発送されません。
 以下の試験区分については、10月18日(日)に実施する予定です。なお、実施する試験区分においても、「令和2年度10月情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験案内書」に記載のとおり、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策などにより、試験地によっては、受験申込み時に希望した試験地で受験できない可能性がありますので、ご承知おきください。

10月18日(日)に実施する予定の試験区分
・ITパスポート試験(IP)(特別措置試験(*1)
・応用情報技術者試験(AP)
・プロジェクトマネージャ試験(PM)
・データベーススペシャリスト試験(DB)
・エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)
・システム監査技術者試験(AU)
・情報処理安全確保支援士試験(SC)

(*1)
身体の不自由等によりCBT方式で受験できない方のために、春期(4月)と秋期(10月)の年2回実施している、筆記による方式の試験。
https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/examination/measure.html

2. SG、FEのCBT方式での実施について

 令和2年度10月試験(10月18日(日)実施)での実施を延期する情報セキュリティマネジメント試験(SG)、基本情報技術者試験(FE)については、令和2年度中(令和2年12月~令和3年3月の複数日を予定)に、現在の出題形式、出題数(*2)のまま、CBT(Computer Based Testing)方式(*3)で実施します。詳細が決まり次第、ホームページで公表いたします。
 CBT方式の受験にあたっては、令和2年度10月試験のSG、FEに受験申込みをしていた方も、改めて受験申込みが必要となります。
 また、情報セキュリティマネジメント試験、基本情報技術者試験については、令和3年度以降も、このCBT方式での実施を継続します。
 なお、新型コロナウイルス感染症対策を前提とした「新たな日常」を踏まえた試験の在り方を抜本的に再検討し、2年後を目途に、新方式への移行を目指します。

(*2)
2020年の春期試験から適用開始を予定していた出題見直しを反映します。
参考:プレス発表 基本情報技術者試験における出題を見直し~ COBOL廃止、Python追加、プログラミング能力・理数能力等を重視 ~
https://www.ipa.go.jp/about/press/20190124.html

(*3)
CBT(Computer Based Testing)方式:コンピュータを利用して実施する試験方式のこと。受験者はコンピュータに表示された試験問題に対して、マウスやキーボードを用いて解答します。

3. 令和2年度における秋期高度試験区分(ST、SA、NW、SM)実施の見送りについて

 例年10月に実施を予定している高度試験区分(ITストラテジスト試験(ST)、システムアーキテクト試験(SA)、ネットワークスペシャリスト試験(NW)、ITサービスマネージャ試験(SM))につきましては、本年11月以降での実施の可否を検討してまいりましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により試験会場を十分に確保できないことから、令和2年度における試験実施を見送ることになりました。
 令和2年度において実施を見送るST、SA、NW、SMにつきましては、令和3年度春期試験での実施を予定しています。詳細が決まり次第、ホームページで公表いたします。

4. 令和2年度春期試験の取りやめ(中止)、令和2年度10月試験におけるFEの延期に伴う一部免除申請期間の延長について

 令和2年度春期試験において一部免除(基本情報技術者試験の午前試験免除、高度試験、情報処理安全確保支援士試験(以下、支援士試験という)の午前Ⅰ試験免除)を受験申込み時に申請していた場合、また、令和2年度10月試験において基本情報技術者試験の午前試験免除を受験申込み時に申請していた場合、特例措置として、一部免除申請が可能となる期間を次のとおり延長いたします。
 それぞれ、一部免除を受験申込み時に申請していない場合は、一部免除延長の対象とはなりません。

(1) 高度試験、支援士試験の一部(午前Ⅰ試験)免除

令和2年度春期試験で
利用した一部免除申請番号
一部免除申請が
可能となる期間の対応
・平成30年度秋期試験の応用情報技術者試験(以下、APという) 、高度試験、支援士試験の合格者
・平成30年度秋期試験の高度試験、支援士試験の午前Ⅰ通過者
令和3年度春期試験まで延長
・平成31年度春期試験のAP、高度試験、支援士試験の合格者
・平成31年度春期試験の高度試験、支援士試験の午前Ⅰ通過者
令和3年度秋期試験まで延長
・令和元年度秋期試験のAP、高度試験、支援士試験の合格者
・令和元年度秋期試験の高度試験、支援士試験の午前Ⅰ通過者
令和4年度春期試験まで延長

(2) 基本情報技術者試験の一部(午前試験)免除
令和2年度春期
試験における
一部免除申請
令和2年度10月
試験における
一部免除申請
一部免除申請が
可能となる期間の対応
令和元年6月又は7月の修了試験に合格し、修了認定を受けた者 有り有り 令和2年度中に実施予定の試験(CBT方式)まで延長
令和元年12月又は令和2年1月の修了試験に合格し、修了認定を受けた者 有り無し 令和2年度中に実施予定の試験(CBT方式)まで延長
無し有り 令和2年度中に実施予定の試験(CBT方式)まで延長
有り有り 令和3年度春期試験(CBT方式)まで延長