HOME試験令和元年度秋期試験の実施について

本文を印刷する

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験

令和元年度秋期試験の実施について(試験会場「東京都市大学 世田谷キャンパス」の変更、郡山試験地(2会場)、長野試験地(1会場)における試験開始時刻の変更、ほか)

2019年10月17日掲載
2019年10月18日更新

受験票の試験会場が「東京都市大学 世田谷キャンパス」となっている皆様へ

※令和元年度秋期試験(10/20(日))の試験会場が、台風19号の影響により、変更となっております。

「東京都市大学 世田谷キャンパス」では一切受験できません。


必ず変更後の試験会場をご確認の上、ご自身の受験番号に対応した試験会場にお越しください。
変更後の試験会場はこちらをご覧ください。
 令和元年台風第19号により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。

 10月20日(日)に実施予定の令和元年度秋期 情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験(以下、令和元年度秋期試験)の試験会場のうち、東京試験地の試験会場「東京都市大学 世田谷キャンパス」においては、令和元年台風第19号により浸水被害を受け、復旧に時間を要することから、試験会場の変更を行います。
 また、郡山試験地の2試験会場、長野試験地の1試験会場につきましては、各試験会場の最寄り駅の公共交通機関の被災状況を考慮し、試験開始時刻の繰り下げを行います。
 受験者の皆様には、ご不便、ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。何卒、ご理解のほどお願い申し上げます。
 その他の試験会場につきましては、予定どおり試験を実施いたします。

 なお、詳細については以下のとおりです。

1. 試験会場の変更

 以下の試験会場につきましては、試験会場の変更を行います。
  • 東京試験地 東京都市大学 世田谷キャンパス(東京都世田谷区玉堤1-28-1)
(2019/10/18更新)
 変更後の試験会場は、下記のリンクでご確認ください。なお、受験番号によって、変更後の試験会場が異なります。必ず、受験票でご自身の受験番号を確認したうえで、ご自身の受験番号が割り当てられた試験会場にお越しください。
変更後の試験会場は、こちら▶

2. 試験開始時刻の繰り下げ

 以下の3試験会場につきましては、試験開始時刻の繰り下げを行います。
  • 郡山試験地 郡山女子大学(福島県郡山市開成3-25-2)
  • 郡山試験地 郡山女子大学付属高等学校(福島県郡山市開成3-25-2)
  • 長野試験地 清泉女学院大学(長野県長野市上野2-120-8)
 繰り下げ後の、試験区分ごとの試験時間割は、下記のリンクでご参照ください。
繰り下げ後の試験区分ごとの試験時間割は、こちら▶

試験開始時刻繰り下げに当たっての注意事項

  • 繰り下げたことにより、通常では認められる「試験開始後30分までの入室」ができなくなります。
  • 午前試験と午後試験の間の休憩時間が短くなります。
上記3試験会場においては、現時点で各試験会場の最寄り駅の公共交通機関が不通となっていることを確認しております。試験実施当日(10月20日(日))までに不通が復旧しなかった場合には、試験会場に到着できない受験者の方への措置の内容を、後日ホームページでご案内いたします。

3. その他(災害救助法適用地域の受験者の方への措置について)

 令和元年台風第19号に伴う災害にかかる災害救助法が適用された地域(13都県316市区町村(注1))の住所を受験申込時に登録された方のうち令和元年度秋期試験の受験ができなかった方で、罹災証明書又は被災証明書を提出された方につきましては、「受験手数料の返還」を行う予定です。返還の手続きの詳細については、後日(11月下旬を目途に)、ホームページで公表いたします。

お問合わせ先

独立行政法人情報処理推進機構(IPA) IT人材育成センター 国家資格・試験部
〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス15階
 TEL:03-5978-7600(月~金 9:30~12:30、13:30~18:15、土日祝は休業)
 FAX:03-5978-7610

1:令和元年10月17日現在。適用された市区町村名は、以下を参照。
令和元年台風第19号に伴う災害にかかる災害救助法の適用について【第8報】(内閣府)
http://www.bousai.go.jp/pdf/r1typhoon19_relief08.pdf PDF形式