HOME試験新着記事

本文を印刷する

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験

平成31年度春期情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験受験申込みの受付を開始

~今年で試験制度創設50周年、累計応募者数はまもなく2,000万人に~

2019年1月10日

 IPA IT人材育成センター 国家資格・試験部は、2019年4月21日(日)に実施する「平成31年度春期情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士(略称:登録セキスペ)試験」の受験申込みの受付を、2019年1月10日(木)から開始しました。
 URL:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_02annai/h31haru_exam.html

 IPA 国家資格・試験部では、経済産業省所管の国家試験である情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験を実施しています。情報システムを構築・運用する技術者から、情報システムの利用者まで、ITに関わるすべての人を対象とする国家試験として実施しており、昨年度(*1)における応募者数は約52万人、合格者数は約11万人に上ります。
 また、昭和44年に開始した情報処理技術者試験制度は、今年で創設50周年となり、情報処理安全確保支援士試験制度も合わせた累計(*2)の応募者数は1,997万人、合格者数は268万人を超えました(*3)

 平成31年度春期試験の試験実施日、受験手数料、試験区分、申込方法は次のとおりです。なお、申込方法によって締切日時が異なります。

試験実施日 2019年4月21日(日)
受験手数料 5,700円
(情報処理技術者試験は消費税込み。情報処理安全確保支援士試験は非課税。)
試験区分 申込方法
インターネット 郵送
情報セキュリティマネジメント試験
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
プロジェクトマネージャ試験
データベーススペシャリスト試験
エンベデッドシステムスペシャリスト試験
システム監査技術者試験
1月10日(木)10時

2月18日(月)20時
1月10日(木)

2月7日(木)
情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験
(※団体経由申込みの場合、上記の締切日時と異なります。)

■平成31年度春期情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験の案内書・願書の入手方法や、試験に関する詳しい情報は、次のURLをご覧ください。
■情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験について
  情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験の合格者には、情報処理技術者試験と同様、経済産業大臣から合格証書が交付されます。なお、合格者は、登録手続きを行うことによって、国家資格である情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)として登録されます。現在、登録セキスペの人数は17,000人を超えています。
 詳しい情報は、次のURLをご覧ください。

■iパス(ITパスポート試験)については、CBT(*4)方式により通年で随時実施しています。iパスに関する詳しい情報は、次のURLをご覧ください。

脚注

(*1) 平成30年度情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験の応募者数・合格者。
   https://www.jitec.ipa.go.jp/1_07toukei/_index_toukei.html
(*2) iパスは2018年11月末まで、iパスを除く試験区分は平成30年度秋期試験までの応募者数、合格者数の累計。
(*3) 応募者数は19,979,196人、合格者数は2,687,771人。
(*4) Computer Based Testing。コンピュータを利用して実施する試験。受験者は試験会場に行き、コンピュータに表示された試験問題にマウスやキーボードを用いて解答する。

本件に関するお問い合わせ先

IPA IT人材育成センター 国家資格・試験部

Tel:03-5978-7600 Fax:03-5978-7610