HOME試験新着記事

本文を印刷する

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験

「出題範囲」及び「シラバス」における一部分野の表記の見直しについて

2018年11月19日掲載

 情報処理に関する主要な規格の制定、基準の改訂等に伴い、情報処理技術者試験及び情報処理安全確保支援士試験の「出題範囲」及び「シラバス」における一部分野の表記の見直しを行いました。
 見直し内容は次のとおりです。

(1)プロジェクトマネジメント分野における、JISの制定(JIS Q 21500:2018 プロジェクトマネジメント
  の手引)を踏まえた表記の見直し
(2)システム監査分野、システム戦略分野等における、経済産業省の「システム監査基準」及び「システム
  管理基準」の改訂を踏まえた表記の見直し
(3)その他、シラバス用語例の整理

 今回の見直しは、主要な規格・基準との整合を高めることを目的として表記を見直すもので、試験で問う知識・技能の範囲そのものに変更はありません。
 なお、シラバスについては今後も技術動向や環境変化等を踏まえ、内容の追加・変更・削除等、適宜見直しを行ってまいります。

見直し対象の項目及び試験区分

見直し対象の項目 見直し対象の試験区分
午前の出題範囲 ITパスポート試験を除く全試験区分

午後の出題範囲 プロジェクトマネージャ試験(PM)、システム監査技術者試験(AU)、
応用情報技術者試験(AP)、基本情報技術者試験(FE)
シラバス PM、AU、情報処理安全確保支援士試験(SC)の午前Ⅱ、AP1)、FE、
情報セキュリティマネジメント試験(SG)
1) 高度試験の午前ⅠについてはAPシラバスを参照。

適用時期

平成31年度春期試験から

公開資料(試験要綱・シラバスなど)

○「試験要綱」Ver. 4.1
○「試験要綱」Ver. 4.1(変更箇所表示版)
○「出題範囲」Ver. 4.1
○「情報セキュリティマネジメント試験 シラバス」Ver. 2.0
○「基本情報技術者試験 シラバス」Ver. 5.0
○「応用情報技術者試験 シラバス」Ver. 5.0
○「プロジェクトマネージャ試験 シラバス」Ver. 5.0
○「システム監査技術者試験 シラバス」Ver. 4.0
○「情報処理安全確保支援士試験 シラバス 追補版(午前Ⅱ)」Ver. 2.0

【掲載ページへのリンク】
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/_index_hanni_skill.html

【参考】
 シラバス(試験における知識・技能の細目)は、それぞれの試験区分の人材像及び出題範囲に照らし、必要となる知識・技能の幅と深さを体系的に整理、明確化した資料です。学習の目標とその具体的な内容を記載していますので、試験の合格を目指す際の学習指針として、 また、企業、学校の教育プロセスにおける指導指針として、有効にご活用ください。

本件に関するお問い合わせ先

IPA IT人材育成センター 国家資格・試験部

Tel:03-5978-7600 Fax:03-5978-7610