HOME試験新着試験委員の募集について別表 募集する専門分野の詳細

本文を印刷する

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験

別表 募集する専門分野の詳細(試験委員の募集について)

専門分野 試験
区分
スキル・業務経験
①事業戦略・システム戦略策定 ST
AP
FE
経営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動における特定のプロセスについて、ITを活用した改革、高度化、最適化を行うための基本戦略の策定、提案、推進に関する豊富な実務経験と深い知見を有すること。
②プロジェクトマネジメント PM
AP
FE
システム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクト計画の立案、必要となる要員や資源の確保、計画した予算、納期、品質の達成などプロジェクト管理・運営に関する豊富な実務経験と深い知見を有すること。
③情報システム設計・開発 SA
AP
FE
情報システム戦略を具体化するための情報システムの構造設計(アーキテクチャ設計)や、開発に必要となる要件定義、システム方式設計、システム開発に関する豊富な実務経験と深い知見を有すること。
④組込みシステム開発 ST
SA
ES
AP
経営的観点の基に、組込みシステムの企画、開発、製造、保守などシステムライフサイクルの統括に関する豊富な実務経験と深い知見を有すること(組込みスキル標準(ETSS)のプロダクトマネージャに相当)。
又は、組込みシステムの要件を調査、分析して機能仕様を決定し、ハードウェアとソフトウェアの要求仕様の取りまとめ、最適な組込みシステム開発基盤の構築、組込みシステムの設計、構築、製造などに関する豊富な実務経験と深い知見を有すること(ETSSのシステムアーキテクト、ソフトウェアエンジニアに相当)。
⑤プログラム開発 FE プログラミングの専門家として、ソフトウェア詳細設計、プログラム開発、テスト等に関する豊富な実務経験と深い知見を有すること(C、Java、COBOL、アセンブラ、表計算のいずれか)。
アルゴリズムに関して高いスキルを有することが望ましい。
⑥情報セキュリティ SC
AP
FE
SG
情報セキュリティ技術の専門家として、情報セキュリティ技術を適用して、セキュアな情報システムを企画・要件定義・開発・運用・保守等に関する豊富な実務経験と深い知見を有すること。
又は、情報セキュリティマネジメントの専門家として、情報セキュリティが確保された状況の実現・維持・改善等に関する豊富な実務経験と深い知見を有すること。
⑦ネットワーク NW
AP
FE
ネットワーク技術の専門家として、ネットワークシステムの要求定義、設計、構築、テスト、保守、構成管理、品質管理等に関する豊富な実務経験と深い知見を有すること。
⑧データベース DB
AP
FE
データベース技術の専門家として、データベースシステムの要求定義、設計、構築、運用・保守、セキュリティ管理等に関する豊富な実務経験と深い知見を有すること。
⑨ITサービスマネジメント SM
AP
FE
ITサービスマネジメントにおけるシステム管理や運用管理の局面で、チームリーダとして、次のいずれかの業務に従事した経験があること。
 (a) ITサービスマネジメントの計画・実施
 (b) ITサービスとマネジメントプロセスの改善
 (c) 情報システムの運用・管理
⑩システム監査 AU
AP
システム監査人として豊富な実務経験と深い知見を有し、ネットワーク、データベース、情報セキュリティやシステム開発・運用などシステム関連技術を熟知した上で、ITガバナンスやセキュリティ向上のための助言を行うことができること。
⑪ストラテジ系全般 AP
FE
IP
企業活動(経営・組織論、OR・IE、会計・財務等)、法務(知的財産権、労働関連法規、取引関連法規等)、経営戦略マネジメント(経営戦略手法、マーケティング、ビジネス戦略と目標・評価、経営管理システム等)等の分野において豊富な実務経験と深い知見を有すること。


IP ITパスポート試験 NW ネットワークスペシャリスト試験
SG 情報セキュリティマネジメント試験 DB データベーススペシャリスト試験
FE 基本情報技術者試験 ES エンベデッドシステムスペシャリスト試験
AP 応用情報技術者試験 SC 情報セキュリティスペシャリスト試験
ST ITストラテジスト試験 AU システム監査技術者試験
SA システムアーキテクト試験 SM ITサービスマネージャ試験
PM プロジェクトマネージャ試験