2008年2月14日掲載


<募集する専門分野の詳細


専門分野


対応する新試験区分


必要なスキル・業務経験


@事業戦略・システム
 戦略策定


・ITストラテジスト試験

・応用情報技術者試験


 経営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動における特定のプロセスについて、情報技術を活用した改革・高度化・最適化するための基本戦略の策定・提案・推進に関する十分な実務経験を有すること。


Aシステム
 アーキテクチャ設計


・システムアーキテクト試験

・応用情報技術者試験


 情報システム戦略を具体化するための情報システムの構造設計(アーキテクチャ設計)や開発に必要となる要件定義、システム方式設計に関する十分な実務経験を有すること。


Bプロジェクトマネジメント


・プロジェクトマネージャ試験

・応用情報技術者試験


 システム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクト計画の立案、必要となる要員や資源の確保、計画した予算、納期、品質の達成などプロジェクト管理・運営に関する十分な実務経験を有すること。


C組込みシステム開発


・エンベデッドシステム
 スペシャリスト試験

・応用情報技術者試験


 経営的観点の基に、組込みシステムの企画・開発・製造・保守などシステムライフサイクルの統括に関する実務経験を有すること(ETSSのプロダクトマネージャに相当)又は、
 組込みシステムの要件を調査・分析して機能仕様を決定し、ハードウェアとソフトウェアの要求仕様の取りまとめ、最適な組込みシステム開発基盤の構築、組込みシステムの設計・構築・製造などに関する十分な実務経験を有すること(ETSSのシステムアーキテクト、ソフトウェアエンジニアに相当)


D情報セキュリティ
(開発系)


・情報セキュリティ
 スペシャリスト試験

・応用情報技術者試験


 セキュリティエンジニアとして、情報セキュリティ技術に関する十分な実務経験を有し、次のいずれかに該当すること。
 (a) 対象システムに要求されるセキュリティ機能を設計・実装するとともに、その効果を評価する業務経験を有すること。
 (b) システム開発の各工程において、情報セキュリティ関連の技術支援に関する業務経験を有すること。


EITサービスマネジメント
(システム管理・運用)


・ITサービスマネージャ試験

・応用情報技術者試験


 ITサービスマネジメントにおけるシステム管理や運用管理の局面でチームをリードする実務経験を有し、次のいずれかの業務に従事していること。
 (a) ITサービスマネジメントの計画・実施
 (b) ITサービスとマネジメントプロセスの改善
 (c) 情報システムの運用・管理


Fシステム監査


・システム監査技術者試験

・応用情報技術者試験


 システム障害やシステム開発の失敗、不正アクセスによる組織経営への影響拡大などITを取り巻くリスクが増大している。このような中で、システム監査人として十分な実務経験を有し、ネットワーク、データベース、セキュリティやシステム開発・運用などシステム関連技術を熟知した上で、ITガバナンスやセキュリティの向上のための助言を行うことができること。


GIT全般に関する教育・
 情報化推進


・基本情報技術者試験

・ITパスポート試験


 学校・企業等において、ストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系のIT全般にわたる幅広い分野の教育に関する十分な実務経験を有すること
又は、
 情報システムの利用者側における情報化推進業務に精通し、部門におけるPC導入・管理、ネットワーク環境の整備、セキュリティ管理・運用に関する十分な実務経験を有すること。



プライバシーポリシー


Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2008