HOME >> 情報処理技術者試験 >> 新着 >> 公募

情報処理技術者試験事業の実施に係る民間競争入札の落札者の決定について

2010年6月11日
独立行政法人情報処理推進機構

独立行政法人 情報処理推進機構(以下「機構」という。)は、競争の導入による公共サービスの改革に関する法律(平成18年法律第51号 以下「法」という。)に基づき、情報処理技術者試験事業の実施に係る民間競争入札を実施した結果、次のとおり落札者を決定しました。

1.情報処理技術者試験事業(札幌試験地)

(1)落札者の名称

 株式会社 アイライン


(2)落札金額(税込み)

 金 34,562,587円


(3)落札者決定の理由

 情報処理技術者試験事業入札説明書(2010年3月8日公告)に基づき、入札参加者(3者)から提出された企画書について、審査した結果、いずれも入札参加資格を満たし、かつ、必須審査項目を満たしていた。
 入札金額については、5月31日に開札したところ、2者が機構会計規程第29条の規定に基づいて作成された予定価格の範囲内であったため、基礎点及び加算点の合計点を入札価格で除して得られた値が最も高かった1者が落札者となった。


(4)落札者における当該公共サービスの実施体制及び実施方法

 落札者が行う業務は、試験会場の確保、会場責任者等の確保及び試験当日の運営業務である。
 各業務の実施については、安定した実施体制を構築し、最適な会場選定、各種試験経験者の会場責任者等への割付、機構のマニュアル遵守の徹底等を通じた着実な試験実施を行う。


2.情報処理技術者試験事業(仙台試験地)

(1)落札者の名称

 株式会社 アイライン


(2)落札金額(税込み)

 金 35,552,538円


(3)落札者決定の理由

 情報処理技術者試験事業入札説明書(2010年3月8日公告)に基づき、入札参加者(4者)から提出された企画書について、審査した結果、3者が入札参加資格を満たし、かつ、必須審査項目を満たしていた。
 入札金額については、5月31日に開札したところ、2者が機構会計規程第29条の規定に基づいて作成された予定価格の範囲内であったため、基礎点及び加算点の合計点を入札価格で除して得られた値が最も高かった1者が落札者となった。


(4)落札者における当該公共サービスの実施体制及び実施方法

 落札者が行う業務は、試験会場の確保、会場責任者等の確保及び試験当日の運営業務である。
 各業務の実施については、安定した実施体制を構築し、最適な会場選定、各種試験経験者の会場責任者等への割付、機構のマニュアル遵守の徹底等を通じた着実な試験実施を行う。


3.情報処理技術者試験事業(広島試験地)

(1)落札者の名称

 株式会社 アイライン


(2)落札金額(税込み)

 金 27,472,620円


(3)落札者決定の理由

 情報処理技術者試験事業入札説明書(2010年3月8日公告)に基づき、入札参加者(2者)から提出された企画書について、審査した結果、いずれも入札参加資格を満たし、かつ、必須審査項目を満たしていた。
 入札金額については、5月31日に開札したところ、いずれも機構会計規程第29条の規定に基づいて作成された予定価格の範囲内であったため、基礎点及び加算点の合計点を入札価格で除して得られた値が最も高かった1者が落札者となった。


(4)落札者における当該公共サービスの実施体制及び実施方法

 落札者が行う業務は、試験会場の確保、会場責任者等の確保及び試験当日の運営業務である。
 各業務の実施については、安定した実施体制を構築し、最適な会場選定、各種試験経験者の会場責任者等への割付、機構のマニュアル遵守の徹底等を通じた着実な試験実施を行う。


4.情報処理技術者試験事業(高松試験地)

(1)落札者の名称

 株式会社 全国試験運営センター


(2)落札金額(税込み)

 金 12,058,200円


(3)落札者決定の理由

 情報処理技術者試験事業入札説明書(2010年3月8日公告)に基づき、入札参加者(3者)から提出された企画書について、審査した結果、いずれも入札参加資格を満たし、かつ、必須審査項目を満たしていた。
 入札金額については、5月31日に開札したところ、2者が機構会計規程第29条の規定に基づいて作成された予定価格の範囲内であったため、基礎点及び加算点の合計点を入札価格で除して得られた値が最も高かった1者が落札者となった。


(4)落札者における当該公共サービスの実施体制及び実施方法

 落札者が行う業務は、試験会場の確保、会場責任者等の確保及び試験当日の運営業務である。
 各業務の実施については、安定した実施体制を構築し、最適な会場選定、各種試験経験者の会場責任者等への割付、機構のマニュアル遵守の徹底等を通じた着実な試験実施を行う。


5.情報処理技術者試験事業(福岡試験地)

(1)落札者の名称

 株式会社 アイライン


(2)落札金額(税込み)

 金 50,365,736円


(3)落札者決定の理由

 情報処理技術者試験事業入札説明書(2010年3月8日公告)に基づき、入札参加者(2者)から提出された企画書について、審査した結果、いずれも入札参加資格を満たし、かつ、必須審査項目を満たしていた。
 入札金額については、5月31日に開札したところ、いずれも機構会計規程第29条の規定に基づいて作成された予定価格の範囲内であったため、基礎点及び加算点の合計点を入札価格で除して得られた値が最も高かった1者が落札者となった。


(4)落札者における当該公共サービスの実施体制及び実施方法

 落札者が行う業務は、試験会場の確保、会場責任者等の確保及び試験当日の運営業務である。
 各業務の実施については、安定した実施体制を構築し、最適な会場選定、各種試験経験者の会場責任者等への割付、機構のマニュアル遵守の徹底等を通じた着実な試験実施を行う。


6.情報処理技術者試験事業(那覇試験地)

(1)落札者の名称

 那覇商工会議所


(2)落札金額(税込み)

 金 14,059,500円


(3)落札者決定の理由

 情報処理技術者試験事業入札説明書(2010年3月8日公告)に基づき、入札参加者(1者)から提出された企画書について、審査した結果、入札参加資格を満たし、かつ、必須審査項目を満たしていた。
 入札金額については、5月31日に開札したところ、機構会計規程第29条の規定に基づいて作成された予定価格の範囲内であったため、基礎点及び加算点の合計点を入札価格で除して得られた値が最も高かった1者が落札者となった。


(4)落札者における当該公共サービスの実施体制及び実施方法

 落札者が行う業務は、試験会場の確保、会場責任者等の確保及び試験当日の運営業務である。
 各業務の実施については、安定した実施体制を構築し、最適な会場選定、各種試験経験者の会場責任者等への割付、機構のマニュアル遵守の徹底等を通じた着実な試験実施を行う。