HOME試験活用事例高校における活用状況

本文を印刷する

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験

高校における活用状況

2015年6月5日掲載

静岡県立浜松城北工業高等学校 インタビュー

大きな成長と自信につながる「基本情報技術者試験」は重要な柱

静岡県立浜松城北工業高等学校 先生 静岡県立浜松城北工業高等学校
森下 博正 様 進路指導主事、電子科教諭、コンピュータ部顧問

【学校プロフィール】
・在籍生徒数:944名 ※ 平成27年4月現在
・設立:1897年(明治30年)静岡県浜名郡蚕業学校として設立。
・創立:1955年(昭和30年)農業機械コースを設置。※開校元年
・設置学科:機械科、電子機械科、電気科、電子科
・校訓:誠実・勤労

 「社会の発展に貢献できる有為な工業技術者を育成する」を教育目標に掲げ、「地球にやさしいエンジニアの育成」を目指しています。

科目内容との合致点が多く、追加単位にもなる国家試験

 情報教育に力を入れてきた本校では、学科を問わず1年生全員が「情報技術基礎」科目を学ぶことを必修としています。 これは文部科学省が高等学校学習指導要領として掲げている必修科目、共通教科「情報」の代替科目です。 具体的には情報化の進展や情報モラル、最近クローズアップされてきているセキュリティ管理などの基礎知識を身につけたあと、コンピュータ動作原理やネットワーク、プログラミングの基礎などについて教えています。

 電子科では、さらに2年生から「電子情報技術」という科目を学びます。その内容が、国家試験「基本情報技術者試験(FE)」とほぼ合致しています。 本校がセキュリティ管理部分を補完していく必要性を感じていた中で、「FE」もこの分野を拡充していく方向性を示したため、私どもにとっては重要な国家試験となっています。 また、受験対策として、『基本情報技術者試験 午前試験免除制度』を導入しています。 希望する生徒には、eラーニング教材を使用して指導を行っています。さらに、「FE」に合格した電子科の生徒には、校外学修の単位認定として1単位付与しています。

モノづくり企業が多い地域特性もIT教育に活用

 浜松周辺には自動車、電気・電子など、世界をリードするモノづくりの優良企業が多数存在します。 約7割の卒業生が就職しており、そのほとんどが地元企業です。 残りの3割は工業系・情報系の国公立大学をはじめ、有名私立大学、専門学校などへ進学していますが、卒業後は、多くの生徒が地元へ戻り、技術者として活躍しています。
 このような地域特性から、地元商工会が企画する企業研究セミナーへの参加をはじめ、企業側から会社見学や経営者の方との直接対話の場をアレンジしていただけるなど、生徒たちが企業活動を学べる機会も豊富です。 さらに、本校ではインターンシップの実施なども早期から着手しており、その活動の中で生徒たちが苦手とするマネジメント系やストラテジ系の活動を経験し、それらが「FE」の学習にも活かされています。

国家試験合格は一つのステータスとなり、自信にもつながる

 「FE」に合格することは、企業にとっても実践的な工業技術を裏付ける証になっているだけでなく、高い評価にもつながっています。

 ある企業の採用担当の方からは、「FE」を取得した本校の卒業生たちは、「技術力と人間力をバランス良く備えており、入社後も顧客ニーズを的確に捉えたり、社内のコミュニケーションを活発化させたりするなどハイレベルの仕事をしている」という声をいただいております。
 また、「FE」を取得したおかげで、「社員の方々から専門用語で話しかけられるなど、一人前の技術者として接してもらえて、仕事を任せてくださることに誇りに感じる」と、うれしそうに話す卒業生もいます。 彼が設計・開発を手がけた製品は、医療現場のレントゲンや空港の手荷物検査に使われており、今も主力開発メンバーとして活躍中です。

 進学に関しても大学の入試広報担当の方からお話を伺うと、「FE」を取得した高校生は少ないため、AO入試や推薦入試の書類選考などでも有利になり、入学後も専門分野における実習などで周囲の学生をリードする頼もしい存在となっているそうです。

チャンスを拡げるために『基本情報技術者試験 午前試験免除制度』を導入

 本校が、『基本情報技術者試験 午前試験免除制度』を導入した理由は、受験チャンスを充分に確保し、短期間での合格をサポートするためです。 認定講座を受講し、修了試験に合格すれば、午前試験を1年間免除されるため、生徒たちは午後試験に集中でき、「FE」の合格者が倍増しました。
 さらに、これまで在学中に不可能だと考えられていた国家試験「応用情報技術者試験(AP)」に、2年生のときに合格するケースも出てきました。 それに伴い、「高度試験(レベル4)」を受験できる機会も増えており、実際、チャレンジした生徒もいます。

授業改善、進路指導にも活かせる『団体経由申込み』

 情報処理技術者試験の『団体経由申込み』は、まとめて申込みができる上に、成績情報や受験結果まで一括管理できるので非常に便利です。 生徒も学校も得意、不得意分野を把握できるため、授業内容やeラーニングの展開方法を改善したり、補習などの学習計画も立てやすくなったり、多くのメリットを生んでいます。 さらに、弱点は克服し、強みは伸ばすなど、生徒たちのキャリア・進路指導にも活かせるので、積極的に活用していきたいと考えています。

「情報」は「血液」と同じ。学びの場をつくることが大事

 高校時代に難易度の高い国家試験に合格するためには、苦手を克服し、課題を改善していく努力が不可欠です。 「FE」は、知識だけでなく論理的思考力も養われるため、試験に挑戦することは、社会に出てからも大きなチカラとなります。
 国家試験「iパス(ITパスポート試験)」も「FE」と同様に企業、大学から評価されています。また、そのことを生徒に伝えています。 そのため、「FE」で学習した知識を基に、「iパス」にもチャレンジし、取得を目指している生徒も多いです。 「FE」でも、「iパス」でも国家試験を取得するというのは、生徒の自信につながります。

 コンピュータやネットワーク上を駆け巡る「情報」は、人の身体に例えると「血液」と同様。 情報化社会を生きていく生徒たちにとって、IT教育は絶対に欠かせません。 事実、情報関連学科以外においても、IT関連の技術や知識は不可欠になってきています。 情報をどのように扱い、健全な社会を創り上げていくかという概念は、学科を問わず共通のものになってきているのではないでしょうか。

 特に、高校生にとっては情報の扱い方を学び、社会を生き抜くチカラを身につけていくことが大事です。 その意味でも、「FE」、「iパス」にチャレンジできる機会を、多くの学校につくっていただけたらと思います。