HOME試験受験に関する主な注意事項(平成28年度秋期試験)

本文を印刷する

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験

受験に関する主な注意事項(平成28年度秋期試験)

情報処理技術者試験の受験票の到着時期から受験後までの主な注意事項をまとめました。
このページには一部のポイントのみ記載しておりますので、必ず案内書でその他の注意事項や詳細をご確認ください。
 ※ 受験票裏面にも「受験心得」として、注意事項の一部を記載しています。

受験票の到着まで

受験票の発送時期の確認
受験票は9月30日(金)に発送済です。

受験票の到着時期

受験票の未着、紛失、破損などがあった場合の問合せ
受験票は9月30日(金)に発送済です。(団体経由申込みの場合は、団体担当者に一括して送付)
受験票が10月6日(木)になっても到着しない場合、紛失した場合又は受験票が破損している場合は、次の受験票再発行期間に、申込みをした試験地ごとの問合せ先に電話で照会してください。

 受験票再発行期間   : 10月6日(木)~10月11日(火)

受験票記載内容の訂正方法
受験票の氏名、住所等に誤りや”■”がある場合、漢字の訂正を希望する場合は、受験票②に赤字で訂正(かい書で大きく)してください。
受験票2の説明

受験に当たっての準備

案内書、受験心得の「試験当日の注意事項」をご確認ください
「試験当日の注意事項」には、受験票①及び受験票②を持っていない等受験ができない事項、試験中に机上に置けるもの(筆記用具等)等の重要事項が記載されています。
また、採点がされない事項(電子機器・書籍をカバンにしまっていない等)についても記載してありますので、十分ご確認ください。

受験票②に写真を貼り付けてください
試験当日は、受験票②に受験者本人の写真が貼り付けられていないと受験できません。写真を撮影し、あらかじめ貼り付けておいてください。

試験当日

※ 平成28年度春期試験の振替で平成28年度秋期試験を受験される方へのご注意 ※
平成28年度秋期試験を受験するには、平成28年度春期試験の受験票ではなく、平成28年度秋期試験の受験票が必要です。 必ず平成28年度秋期試験の受験票をお持ちください。

十分な余裕をもって試験会場へお越しください
注意事項の説明などを試験開始15分前から行いますので、試験開始20分前までに必ず試験室に入室し着席してください。
試験会場までは、交通機関の事故、交通混雑、乗り継ぎなどで予想以上に時間が掛かることがありますので、十分な余裕をもってお越しください。交通機関の事故などいかなる理由でも、試験開始後30分を超える遅刻の場合、入室できません。

答案用紙のマークミスや記入ミスにご注意ください
答案用紙への受験番号、生年月日、及び選択問題における選択欄において、マークミスや記入ミスによって採点されない答案が多く見受けられます。日頃の学習の成果を無駄にしないために、ミスの無いようにご注意ください。

<マークミス、記入ミスを無くすために>
 1.試験が始まったら、問題を解き始める前にまず受験番号・生年月日を記入及びマークする
 2.選択問題においては、選択欄の記入及びマークを試験時間内に行う(選択数にも要注意)
 3.「1,2」の記入及びマークについて、正しく記入できているか試験時間内に再確認する
答案用紙

記入及びマークの方法など、詳しくは次のリンク先をご参照ください。
日頃の学習の成果を無駄にしないために

受験後

受験番号/パスワードの紛失にご注意ください
受験票は①と②の2枚つづりになっています。受験票②は試験当日に監督員が回収しますので、受験後には「受験票①」がお手元に残ります。

受験番号とパスワードは、受験票①の下部に印字し、切り離せるようにしてあります。 受験番号とパスワードは、成績照会や高度試験の一部免除申請番号照会で使用します。切り離して紛失しないよう、 また他人に知られないように十分注意して、保管してください。
受験票の説明