HOME試験新着記事

本文を印刷する

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験

情報処理技術者試験の「出題範囲」及び「シラバス」における一部分野の構成・表記の見直しについて

2013年4月26日掲載

 情報処理に関する国内外の主要な規格の発行や改正に伴い、情報処理技術者試験の「出題範囲」及び「シラバス(情報処理技術者試験における知識・技能の細目)」の一部分野について見直しを実施し、それらの改訂版を公開しました。

見直しについて

 ITを取り巻く環境が日々変化し、またビジネスモデルも多様化していく中で、情報処理に関する国内規格(JIS)や国際規格(ISO)も適宜、発行、改正が行われています。情報処理技術者試験においては常に技術や規格の動向も踏まえ試験問題を作成・出題しているところですが、今般、主要なJISの改正や新たな国際規格の発行に伴い、関係する試験区分の「出題範囲」及び「シラバス」内の一部の分野について構成を整理し、知識項目例やその表記などの見直しを行いました。

 なお、今回の見直しは、JISやISOの規格の表記との整合を高めることを目的として構成を整理し、表記を見直したものであり、試験で問う知識・技能の範囲そのものに変更はありません。

 見直し内容の詳細につきましては、「情報処理技術者試験の出題範囲 2013年4月改訂版」及び「情報処理技術者試験の出題範囲における一部分野の構成・表記の見直しに関する補足説明(2013年4月)」をご参照ください。
 また、「共通キャリア・スキルフレームワーク1」の「知識体系(BOK:Body of Knowledge)」についても同様の見直しを行いました。

1 http://www.ipa.go.jp/jinzai/itss/ccsf/download.html

見直し対象の分野とその内容

  • ソフトウェアライフサイクルプロセス分野のJIS改正(JIS X 0160:2012)及びそれに基づく共通フレーム改訂(SLCP-JCF 2013)2 との整合
  • サービスマネジメント分野のJIS改正(JIS Q 20000-1:2012)との整合
  • プロジェクトマネジメント分野の国際標準規格(ISO 21500、2012年発行)との整合
2 http://www.ipa.go.jp/about/press/20130304.html

見直し対象のドキュメントと試験区分

ドキュメント 試験区分
出題範囲 午前(基本情報技術者試験(FE)、応用情報技術者試験(AP)、高度試験)
午後(基本情報技術者試験(FE)、応用情報技術者試験(AP)、システムアーキテクト試験(SA)、プロジェクトマネージャ試験(PM)、ITサービスマネージャ試験(SM))
シラバス 基本情報技術者試験(FE)、応用情報技術者試験(AP)、システムアーキテクト試験(SA)、プロジェクトマネージャ試験(PM)、ITサービスマネージャ試験(SM)

適用時期

平成25年度秋期試験から適用

公開ドキュメント