HOME >> 情報処理技術者試験 >> 新着 >> 記事

情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)で出題するプログラム言語の
変更について

2011年10月26日掲載
独立行政法人情報処理推進機構
IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター


SCで出題するプログラム言語について、Webアプリケーション開発を取り巻く環境の変化に対応する等の観点から、次のとおり変更します。

JavaScript、JScriptなどを標準化する目的で作成された「ECMAScript」を追加し、「Perl」を削除する。


平成24年度春期
試験から


情報セキュリティスペシャリスト試験において、試験問題に出題するプログラム言語は、C++、Java(*1)、ECMAScriptの3言語のいずれかとする。



(*1)Javaは、Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標又は商標です。