HOME >> 情報処理技術者試験 >> 新着 >> 記事

「ITパスポート試験疑似体験用ソフトウェア」の公開について

2011年7月6日掲載
独立行政法人情報処理推進機構
IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター


 情報処理技術者試験センターは、平成23年11月から情報処理技術者試験のうちITパスポート試験にパソコンを用いて試験をおこなうCBT(Computer Based Testing)方式を導入する予定です。

 CBT方式は、これまでのマークシートによる解答方法の試験とは実施方法が大きく変わるため、受験の前に受験画面や操作方法を体験・確認できるようにすることを目的として「ITパスポート試験疑似体験用ソフトウェア」を公開しました。
 本ソフトウェアは情報処理技術者試験センターのウェブサイトからダウンロードが可能です。受験を予定されている皆様やCBTに関心のある多くの皆様に広く活用いただけることを期待しています。



使用方法等

【インストール方法】

  インストールは、次の手順で「ITパスポート試験疑似体験用ソフトウェア」をダウンロードし、必要なソフトを実行してください。

(1)

「ITパスポート試験疑似体験用ソフトウェア」のダウンロード画面から、「ITパスポート試験疑似体験用ソフトウェア」(ZIP形式)をダウンロードします。

   

(2)

ダウンロードしたZIP形式のファイルを解凍すると、ExamAppというフォルダが作成され、フォルダの中にExamApp.exeとReadme.txtが作成されます。

   

(3)

ExamApp.exeをダブルクリックすると、「ITパスポート試験疑似体験用ソフトウェア」が実行されます。

   

(4)

「ITパスポート試験疑似体験用ソフトウェア」の終了は、各画面の擬似体験終了ボタンをクリックしてください。

   

【アンインストール方法】

  ExamAppフォルダを削除してください (本ソフトウェアはレジストリを使用しません)。

動作環境

 

OS

その他(必要な条件等)

Microsoft Windows XP SP3
または
Microsoft Windows Vista
Microsoft .NET Framework 3.5 SP1が必要です。(パソコンによっては、インストールする必要があります。)

Microsoft Windows 7

Microsoft Windows7にプレインストールされているMicrosoft .NET Framework 3.5.1が有効になっている必要があります。

利用条件


以下の利用許諾条件合意書に合意いただく必要があります。

 
 「ITパスポート試験疑似体験用ソフトウェア」利用許諾条件合意書
   
  本利用許諾条件合意書(以下「合意書」という)は、独立行政法人 情報処理推進機構(以下「IPA」という)が提供する「ITパスポート試験疑似体験用ソフトウェア」 (以下「本ソフトウェア」という)の利用者とIPAとの間に締結される法的な合意書です。合意書のすべての条項に同意した利用者だけが、本ソフトウェアをダウンロード及び使用することができます。本ソフトウェアをダウンロードした場合、合意書のすべての条項に同意したものとみなします。
 

第1条 ライセンスの許諾

 本ソフトウェアに関する著作権、その他のすべての知的財産権はIPAへ独占的に帰属します。本ソフトウェアは著作権法および国際条約の規定により保護されています。また、合意書のもと明白に許諾されていない権利は全てIPAに留保されています。

 利用者は、IPAの事前の承諾を得ることなく、本ソフトウェアを第三者へ賃貸、貸与、販売または譲渡できないものとします。

 

第2条 著作権など

 本ソフトウェアの利用者は、本ソフトウェアを、日本国内において利用することができます。日本国外に持ち出すこと(日本国外でダウンロードする場合も含む)はできません。

 IPAは、合意書記載の条件に従い、本ソフトウェアに関し、非独占的、再許諾不可能かつ譲渡不可能な利用権を利用者に対して許諾します。

 利用者は、本ソフトウェアについて、リバースエンジニアリング、逆コンパイルまたは逆アセンブル、改造することはできないものとします。また、本ソフトウェアに表示されている著作権その他の権利者の表示を削除または変更を加えることはできません。

 

第3条 対価など

 利用者は本ソフトウェアを無償で利用することができます。

 

第4条 免責

 本ソフトウェアの導入、利用および利用結果については、すべて利用者の責任とします。本ソフトウェアの利用に起因して利用者またはその他の第三者に生じた損害および逸失利益に関してIPAは一切の責任を負いません。また、利用者の改造に起因して本ソフトウェアに何らかの障害が生じた場合も、IPAは当該損害に関して一切の責任を負いません。

 IPAは、合意書記載の条件に従い、本ソフトウェアに関し、非独占的、再許諾不可能かつ譲渡不可能な利用権を利用者に対して許諾します。

 IPAは本ソフトウェアに関するサポートは一切行いません。

 

第5条 利用の中止

 利用者が本合意に違反した場合、IPAは利用者が本ソフトウェアを利用することを禁止することができます。この場合、利用者は、本ソフトウェアを一切利用することができません。

 

第6条 損害賠償・裁判管轄

 利用者が合意書に定める事項に違反したことにより、IPAが損害を被った場合、利用者はIPAに生じた損害を賠償する責を負うものとします。

 本契約に関しては、東京地方裁判所を唯一の第一審合意管轄裁判所とします。

 

第7条 一般条項

 IPAは、IPAの都合により合意書を変更することができるものとします。

 

以上

 

利用許諾条件合意書に同意して「ITパスポート試験疑似体験用ソフトウェア」(Zip形式)をダウンロードする場合は「同意する」、同意しない場合は「同意しない」をクリックしてください。

同意する」  「同意しない