HOME >> 情報処理技術者試験 >> 新着 >> 記事

「ITパスポート試験(レベル1)シラバス」の公開について

2008年6月26日
独立行政法人 情報処理推進機構

 独立行政法人 情報処理推進機構(略称:IPA、理事長:西垣 浩司)は、2009年4月から、レベル1の試験として新たに開始する「ITパスポート試験」のシラバス(情報処理技術者試験における知識の細目)を策定し、2008年6月26日からWebサイト上で公開しました。

1.ITパスポート試験(レベル1)の創設

 今やIT(情報技術)は我が国の社会基盤になっており、すべての職業人に、ITを活用する能力の向上が求められています。このような状況の下、ITに携わる職業人として誰もが共通に備えておくべき基礎的な知識を測るレベル1の試験として「ITパスポート試験」を新たに創設し、IT人材の裾野を広げ、我が国全体のITの活用能力を高めていくことを目指します。


2.シラバスの策定・公開

 このたび、「ITパスポート試験」について、昨年12月25日に公開した「新試験制度の手引」の中で示した出題範囲を更に詳細化し、レベル1の知識の幅と深さを体系的に整理・明確化した「シラバス」(情報処理技術者試験における知識の細目)を策定し、公開いたしました。
 本シラバスは、項目ごとに学習の目標、内容及びサンプル問題(70問)を示したものです。
 本シラバスが、試験の合格を目指す受験者の方々にとっての学習指針として、また企業・学校の教育プロセスにおける指導指針として、有効活用されることを期待するものです。

  【公開資料】
    「ITパスポート試験(レベル1)シラバス」 PDF形式(PDF形式 494KB)


3.今後の予定

 2008年10月に、基本情報技術者試験(レベル2)、応用情報技術者試験(レベル3)のシラバスを公開予定です。また、2009年3月に、高度試験(レベル4)のシラバスを公開予定です。

(*)レベル1〜4は、共通キャリア・スキルフレームワーク(案)で示されているレベルです。

<新試験制度に関する詳細情報>

 ◆新試験制度特集ページ:
   http://www.jitec.ipa.go.jp/1_00topic/topic_20080422_shinshiken.html
 (「新試験制度の手引」、「ITパスポート試験の手引」、「新試験サンプル問題」等を掲載)


(参考)「ITスキル標準モデルカリキュラム −レベル1を目指して−」の公開

 「ITパスポート試験(レベル1)シラバス」公開と同時に、IPA/ITスキル標準センターでは、 「ITスキル標準モデルカリキュラム −レベル1を目指して−」を策定、公開しました。
 本モデルカリキュラムは、ITパスポート試験の出題範囲やシラバスとの整合性に十分配慮して、作成されています。
   http://www.ipa.go.jp/about/press/20080626.html


○プレスリリースの全文は以下のPDFをご覧ください。

 プレスリリース本文 PDF形式(PDF形式 21KB)


4.問合せ先

■本件に関するお問い合わせ先
独立行政法人 情報処理推進機構
IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター  豊永/谷澤/山内
 TEL:03-5978-7600  FAX:03-5978-7610

■報道関係からのお問い合わせ先
独立行政法人 情報処理推進機構
戦略企画部 広報グループ  横山/大海
 TEL:03-5978-7503  FAX:03-5978-7510
 E-mail: